山辺町が誇る全国的に有名な電気屋さんの新社長が登場です!!

「弥七のかわら版」人気のNHKインスパイア企画です

おかげさまでうちのかわら版は、120号を越えたニュースレターになっていますが、その人気企画の一つが、こちら!NHKの「プロフェッショナル」をインスパイアした、山形のトップランナーにインタビューするという「玄フェッショナル」。今回は全国でも有名な電気屋さんの新社長が登場しました。

こちらはあなたの素敵なきもの記念日をお手伝いする
布施弥七京染店の専務 布施 将英(@meibutsu_senmu)のブログです。

今回の玄フェッショナルは全国的に有名な電器やさんの新社長が登場です。

今年第1回目の記念すべき玄フェッショナルは、新社長に就任された地域の有名店若社長を紹介します。
専務:では自己紹介をお願いします。
峯田電器社長 峯田和宜(まさのり)さん(以下峯田):こんにちは。妻と3歳の息子と1歳の娘と、子育て奮闘中の40歳です。大学卒業後、滋賀県草津にある松下幸之助商学院を経て、昨年11月に社長に就任致しました。
専務:御社のご紹介をどうぞ
峯田:本年73年目を迎える弊店は、家電製品やリフォーム等を通して、お客様第一で満足と喜びをお届けする会社です。暮らしのお困り事であれば何でも、電球一個の交換や乾電池お届けなど、お役に立てる人間関係が信条です。

全国的にも有名な、町の電器やさんです

専務:全国的にも有名な御店と会長の存在に、大きな責任と期待を感じますね
峯田:県内や全国組織など、多くの役職業務を拝命する父親からのバトンは非常に重いものがあり、大きい重圧と責任を感じています。ですが新社長としてこれまでの歴史と伝統に感謝と敬意を表し、責任を楽しみながら新しい地盤固めをしっかりと行い、自分としてやりたい方向へ一歩一歩ずつ着実に参りたいと心を決めています。

会長さんのバトンを受けて、自分なりに進化を

専務:商いの形は不易流行だと思いますが、商材やアライアンスの時代対応もすごいですね
峯田:弥七さんもそうだと思いますが、変わらないことは人と人との繋がり。このアナログな部分はうちが創業以来最も大事にしている事です。商材に対して商いの信条は変わりませんが、時代に応じ電化製品だけでなく、福祉事業・太陽光発電・蓄電池システム、健康商品などなど、弊店のお客さまに喜んでいただけるものであれば、積極的に取り入れています。さらにIoTやAiなどの、新しい時代対応した商品も増えていく時代ですから鋭意取扱い中です。また松下幸之助商学院のつながりからうちの会長が本部長となり、志を同じく奮闘する地域電器店の組織ショップ化をしました。山形でも初となるグループの立ち上げとなり今年で4年目。地域の皆さんのお役に立つ優良店と一緒に更に研鑽を積みながら、地域貢献の意味も含めたアライアンスが組めており、大変感謝しています。

専務:プライベートでも色んな活動をされているようですが
峯田:地域で商売をさせてもらっているため、青年会議所や商工会・消防団をはじめとした地元の活動においては出来るだけ協力させてもらっています。また音楽をはじめとする個人的な趣味でご縁いただく仲間も貴重な存在。もちろん仕事の優先順位は高いですが、今からの時代は働き方改革も含め、個人としての「人間性の幅」があった方が面白い時代だと感じています。

家族のような社員と家族の力と

専務:峯田家のご両親はもちろん、お兄さん・妹さんと、家族の力は偉大だなと感じますが。
峯田:家族の力は絶大で偉大です。創業者である祖父の時代から家族の絆は太かったし、まさしく家族や従業員から生まれるパワーが商売の基本だとも思っています。うちの妹も、母と一緒にフロントパーソンとして支えてもらってます。また若い人達にとっては兄の「峯田和伸」が際立って有名なので、初めて会った方で私を知らなくとも兄経由でうちのことを認識してくれてることが多いです。自分自身も人生の中でも、多くの局面で兄貴の曲に助けられていて、とても感謝してます。

専務:今後の夢や展望を教えて下さい。
峯田:私の役目は「会社を繁栄させていくこと」と「小さくても一流の会社」を常に目指すことです。そのためにも、知識と技術と真心のプロの集団となり、楽しく前向きに仕事に取り組んでいきたいと思います。また今後伸ばしていきたい省エネ家電製品の普及啓蒙活動は、国連も提唱するSDGsの理念にも一致するので、さらに力を入れていきます。そして何よりも、地域の皆さん・御縁を頂いている皆さんのお役に立てる「face to face」の心通う商いを続けていきます。
専務:最後に皆さんへ一言。
峯田:只今若いフタッフも募集中ですので、興味在る方はお声掛け下さい。そしてこれからもご縁頂く皆さんのお役に立てますように、精進していきます。

峯田電器

所在地: 〒990-0301 山形県東村山郡山辺町大字山辺1272−4
電話: 023-664-5771
1947年に山辺町で創業して以来、地域の皆様からの絶大なご愛顧に育まれ、 創業73周年を超える全国でも有名な「町の電器やさん」。地域密着で信用ある商いを続ける姿勢は、全国規模で有名です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

布施弥七京染店
〒990-2495 山形市若葉町4-6 023-622-6317

布施弥七京染店フェイスブックページはコチラ
布施弥七京染店ツイッターはコチラから

布施弥七京染店インスタグラムはコチラ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
山形きもの記念日
ホームページはコチラから着ものがたり
ホームページはこちらからきものクリニック

ホームページはコチラから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
専務 布施 将英の
個人のフェイスブックページはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

投稿者について

名物専務
山形で江戸時代から続く着物専門店の名物専務こと布施 将英。
着物初心者や、着物を着てみたいけど一歩踏みでない方を後押しできるようなブログを書いています。
趣味である音楽やDJは、1stアルバム好みの音故知新スタイル。また得意な筆ペンで書く「らくがきハガキ」は2011年より毎日投函継続中で、手書きチラシも仕事として制作を請け負っています。
着物の動画も多数放出中で、山形の着物屋さんで最も有名なyoutuber着物屋さん。着物初心者に向け他ものや、着物のお手入れについて、着物の HOW TO動画を多数あげていますので、「布施弥七京染店 動画」で検索してみてください。
読書は、ビジネス書や偉人伝の他、司馬遼太郎先生フリーク。音楽同様に温故知新の1st好き。一番好きな司馬遼太郎先生の作品は「梟の城」。全般的に「心へ静かに日を灯す」司馬遼太郎先生の文章が好きです。
他にも温泉・スポーツ観戦・ゴルフ・お笑い・山形のラーメン・ハイキューに造詣が深い昭和47年生れで、布施弥七京染店のスポークスマンとして県内外にて活躍。Facebook・Instagram・Twitterも随時発信中で、お客様の美姿と健康と思い出作りをお手伝いします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です