お盆のお墓参り!山形市は13日が大半ですが、天童では14日のところも

お盆でございます。 今年に限っては本当に極端な天候の夏で お盆に入ってふく風に、秋の気配を感じることがとてもうれしく思う次第です。 こちらは着物を通して素敵な思い出作りをお手伝いをモットーする 布施弥七京染店専務 布施 […]

もっと読む

イエローハットの着物CM vs 「着物警察」

2018イエローハットCM 810店舗突破「2018ハットの日スペシャル感謝セール」がすごい いよいよ浴衣の季節が本番になってきました。 そんな中で、すご〜〜いCMがテレビで流れて、ついつい二度見してしまった(笑・汗) […]

もっと読む

今月のかわら版に登場した「東北芸術工科大学・学長のインタビュー」です

「弥七のかわら版」人気のNHKインスパイア企画です おかげさまでうちのかわら版は、100号を越えたニュースレターになっていますが、その人気企画の一つが、うちの会長が紹介する「山形旧町名紹介」。これは地元の歴史を細かく紹介[…]

もっと読む

司馬遼太郎先生の名言から、また仕事を頑張ろうと思うわけです。

実は私、司馬遼太郎先生が好きな着物屋です。 私は布施弥七京染店の布施 将英。 数々の趣味・好きな事がありますが、読書も趣味の一つ。なかでも「司馬遼太郎先生が大好き」で、活字嫌いの私でも初めて読み切る事ができた小説を書いた[…]

もっと読む

着物警察の根っこは何処にある!?着物警察の特性と対処方法を個人的に書いてみました。

最近着物警察という単語が、随分と話題になっていますね☆ 今年も夏になって浴衣の時期になってきましたね。夏祭りや花火大会など、思い思いに色んな着物姿を楽しんでもらえれば嬉しいです。そしてこの着物の数が増えてくる時期に、まれ[…]

もっと読む

身近に司馬遼太郎先生ファンが居るもんです。

実は私、司馬遼太郎先生が好きな着物屋です。 私は布施弥七京染店の布施 将英。 数々の趣味・好きな事がありますが、読書も趣味の一つ。なかでも「司馬遼太郎先生が大好き」で、活字嫌いの私でも初めて読み切る事ができた小説を書いた[…]

もっと読む

こういう「らくがき」ハガキも、気持ち入ってて良いですね〜

筆文字を毎日書いています。 商売柄ってわけじゃありませんが、筆ペンを持つ事が多いわたしです。筆を持って10年くらい経過していますが、相変わらず「らくがきハガキ」って感じです。またうちの情報誌やチラシにも筆文字が多用されて[…]

もっと読む

麺好きの着物やが紹介する製麺所さんです。

暑中お見舞い申し上げます めっちゃ暑いですね〜〜 暑中お見舞い申し上げます。 というか、酷暑御見舞申し上げますという言葉のほうがしっくり来る天候何じゃなかろうか??おそろしや〜〜ですなぁ〜。創業1647年、地元山形の着物[…]

もっと読む

先日の着物イベントで、意外に多くの方が司馬遼太郎先生ファンだと知る

実は私、司馬遼太郎先生が好きな着物屋です。 私は布施弥七京染店の布施 将英。 数々の趣味・好きな事がありますが、読書も趣味の一つ。なかでも「司馬遼太郎先生が大好き」で、活字嫌いの私でも初めて読み切る事ができた小説を書いた[…]

もっと読む

好きな音楽が似ている仲間との時間は別格です

イギリスの伝説的バンド・ストーンローゼス 私が高校二年生の頃にファーストアルバムを出した伝説的なバンドが、stone roses。アルバム一枚全曲を通して最高の作品だった、素晴らしいバンド。セカンドも出ましたが、やはりフ[…]

もっと読む

私にとって筆文字は日常的なもので商売道具です

筆文字は日常的なもので商売道具です。 商売柄ってわけじゃありませんが、筆ペンを持つ事が多いわたしです。筆を持って10年くらい経過していますが、ほぼほぼ商売道具(笑)。蛍光ペンのアンダーラインも、使いません。もう筆文字ばっ[…]

もっと読む

まるでbeastie boysを彷彿させる、エミネムとリックルービン

突然ですが、音楽好きの名物専務今日はこんな曲聞いてました 創業1647年、地元山形の着物専門店・布施弥七京染店では 着物を通して素敵な思い出作りをお手伝いがモットーですが、じつは。。。 うちの兄である社長と僕は、だいぶ音[…]

もっと読む

実は私、司馬遼太郎先生が好きな着物屋です。

実は私、司馬遼太郎先生が好きな着物屋です。 私は布施弥七京染店の布施 将英。 数々の趣味・好きな事がありますが、読書も趣味の一つ。なかでも「司馬遼太郎先生が大好き」で、活字嫌いの私でも初めて読み切る事ができた小説を書いた[…]

もっと読む

初心者向け!「浴衣を着た時、キレイに見えるしぐさをご紹介」します

ゆかたの時期は、本当に楽しくなってきますよね〜 いよいよ浴衣の季節になってきました。みなさんが楽しくゆかたを着る事が出来るように、着物屋視点でアドバイスしてみようと思います。こちらは着物を通して素敵な思い出作りをお手伝い[…]

もっと読む