3分でわかる日本の伝統文様【さめ】

3分でわかる日本の伝統文様【さめ】

初めて教育系コンテンツを作ろうと始めた企画ですが
自分一人だと大変なので、ナビゲイターさんと一緒に企画しました。敏腕ナビの「ゆりさん」と一緒に 日本の伝統文様を3分でお伝えする新企画開始決定!! これでいよいよ一人親方の動画から脱却します(汗・笑)

こちらはあなたの素敵なきもの記念日をお手伝いする
布施弥七京染店・専務 布施 将英(@meibutsu_senmu)のブログです。
最近は山形着物界屈指のyoutuberとしても有名な名物専務がおしらせします。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 183f7e0e9a8f3b08cc88fcb03f884f5d.png

3分でわかる日本の伝統文様【さめ】

今回は「さめ」について

さめとは

鮫小紋は江戸時代、日本各藩の徳川家大名たちを区別するために使用された「江戸小紋」の一つです。細かい粒で扇形の模様を斜めに重ね、鮫皮状に染め抜いた文様。鮫の肌は固いことから小紋にすることで鎧に例えられ、厄除け・魔よけといった意味をもつといわれています。

そもそも江戸小紋は、柄が非常に細かく無地に近く、大名や武士の礼服として江戸時代から流行した染め柄の総称です。各藩の大名たちはその頃着物の生地や色柄の派手さで格を競い合っていました。それに対し倹約家な徳川将軍が 贅沢禁止令(しゃし禁止令)を公布。 派手なものを禁止された武士は、反対に柄の細かさで格を競い合えるように「小紋」なるものを生み出しました。

柄のトリビア

「私の藩ではこんな細かな文様を染められる職人がいるんだぞ~!」とどんどん各地に小紋の種類が増え、町人にも広く流行し、「江戸小紋」と呼ばれるようになっていったそうです「鮫」は江戸小紋の代表格の3役(つまりはトップスリー)の一つ。あとの2柄は格子型の「角通し」、斜めに行儀よく並んだドット柄の「行儀」があり、その3つの柄の着用が特に自分の地位を示す尺度になりました。

今年は東京オリンピックが開催される年。日本古来の吉祥文様という素晴らしいテキスチャを、ミニネタという形でわかりやすいようにお伝えしたいと思います。 1週間に2本くらいずつお届けできたらなぁと思っています。ゆりさんと一緒にゆったりとやって参りますので、お付き合いくださいませ。また、こんな文様について解説してね〜というご要望があれば、ぜひコメント欄にどうぞ(^^)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: f12d4aee028604809588ebee003fa3fd.png

弥七きものチャンネルがお手伝いできる事

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1ad57ca250a5f348aed33fcb418d2020.png

弥七として出来ることは
着物を着たいと思う方や
久しぶりに着物を着るけど心配な事がある人に

得意分野の
「着物を着る前」
「着物を着る時」
「着物を着た後」

のお手伝いを、精一杯させて頂きます。
なにかご不明な点があれば、何なりとお申し付け下さい

着物屋さんでも異色な動画が多い弥七きものチャンネル

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 57dbe3689fe3846d793233bac16e8e95-1024x653.png

着物屋さんの中では、随分SNS界隈を使ってきた専務だからこその発信力とコンテンツは、500本を超える動画がひしめいています(笑)スタートアップの100本程度の動画については、今見ると削除したいほどに稚拙ですが、最近はだいぶ情報として紹介できる程度に育ちました。

えてして着物やさんの動画は、商品紹介ばっかりになりがちですが、そこはさすがのブレーンを沢山持つ名物専務ならではのコネクション(笑)色々と教えてくれる人が多いから、面白い動画が多いです。

着物の動画は、お役立ち動画やハウツー動画を中心に

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 363f974140c7fc7f9978074d671122c8-1024x386.png

着物の動画の中心は

着物のお手入れ
着物の保管方法
着物が汚れた時

という、困った時のお役立ち動画を中心に

着物のコラム的なものや
着物の豆知識
商品の物語紹介
地元の名産品を紹介

なんていう感じでやっています。

ぜひこちらから、チャンネル登録をしてみてください☆

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: unnamed-61-1024x769.jpg
こんな綺麗な女性陣の登場したりする弥七きものチャンネルです

====================
今日もお読み頂きありがとうございます
こちらは 山形で一番思い出に残る
きもの記念日をお届けするきもの専門店の
名物専務がお送りする、きものあれこれブログです
====================

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: d779c1f3404b9ee772a4e9e4551eeb4b-1024x416.png
お得なキャンペーンや、着物を着て楽しむイベント情報を、いち早くゲット出来ます

布施弥七京染店
〒990-2495 山形市若葉町4-6 023-622-6317
布施弥七京染店youtubeチャンネルはコチラ
布施弥七京染店ショップページはこちら
布施弥七京染店フェイスブックページはコチラ
布施弥七京染店ツイッターはコチラから

布施弥七京染店インスタグラムはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

山形きもの記念日
ホームページはコチラから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
専務 布施 将英の
個人のフェイスブックページはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

投稿者について

名物専務
山形で江戸時代から続く着物専門店の名物専務こと布施 将英。
着物初心者や、着物を着てみたいけど一歩踏みでない方を後押しできるようなブログを書いています。
趣味である音楽やDJは、1stアルバム好みの音故知新スタイル。また得意な筆ペンで書く「らくがきハガキ」は2011年より毎日投函継続中で、手書きチラシも仕事として制作を請け負っています。
着物の動画も多数放出中で、山形の着物屋さんで最も有名なyoutuber着物屋さん。着物初心者に向け他ものや、着物のお手入れについて、着物の HOW TO動画を多数あげていますので、「布施弥七京染店 動画」で検索してみてください。
読書は、ビジネス書や偉人伝の他、司馬遼太郎先生フリーク。音楽同様に温故知新の1st好き。一番好きな司馬遼太郎先生の作品は「梟の城」。全般的に「心へ静かに日を灯す」司馬遼太郎先生の文章が好きです。
他にも温泉・スポーツ観戦・ゴルフ・お笑い・山形のラーメン・ハイキューに造詣が深い昭和47年生れで、布施弥七京染店のスポークスマンとして県内外にて活躍。Facebook・Instagram・Twitterも随時発信中で、お客様の美姿と健康と思い出作りをお手伝いします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です