今月のプロフェッショナルは、音楽友人が登場です!

「弥七のかわら版」人気のNHKインスパイア企画です

おかげさまでうちのかわら版は、140号を越えたニュースレターになっていますが、その人気企画の一つが、うちの社長が紹介する「山形弁」。そしてもう一つの人気企画がこちら!NHKの「プロフェッショナル」をインスパイアした、山形のトップランナーにインタビューするという「玄フェッショナル」。今回は山形でも有名な若手スポーツジム経営者が登場しました。

こちらはあなたの素敵なきもの記念日をお手伝いする
布施弥七京染店の専務 布施 将英(@meibutsu_senmu)のブログです。

今回の玄フェッショナルはクリエイターでも音楽家ある、友人の若手社長の登場です。

布施:若社長、自己紹介をお願いします。

株式会社エスパック 代表取締役社長 佐藤健太郎(以下佐藤):みなさんはじめまして。ハーコー(Hardcore)な箱屋、株式会社エスパックの佐藤健太郎と申します。我が社はダンボール箱を『主に』扱うメーカーですが、仕器や看板、更には工場の梱包工程ライン作りの相談まで、お客様の商品をより魅力的にアピールするためのお手伝いをしている会社です。

若手が活躍するという、理想的人材育成

布施:先日は素晴らしい賞を受賞されたようで

佐藤:ありがとうございます。山形エクセレントデザイン2021にて、大変名誉な賞を頂きました。何よりも仲間の頑張りが目に見える結果になったことが嬉しいです。実は今回は2年ぶり2回目のトライで、しかも今回は5点同時エントリーしました(笑)質も量も行くみたいな(笑)。前回は初のエントリーという事もあってか自信過剰な鼻っ柱をへし折られましたが、その負けが社員たちの志を強くしてくれました。「苦労と努力が実った!やったぜみんな!」って感じです。

お客様へ提案営業をする包装ブランディング

布施: 業界の過去現在未来をお聞かせ頂きたいのですが

佐藤:時代なのか弊社の変化なのか分かりませんが、昔に比べて価格以外に価値を見出してくれるお客様が増えました。価格競争と過剰サービスが横行する時代があって、その頃それがすごく嫌で。追い込まれた末に辿り着いた答えが『自分が違うと思う連中とは真逆のスタイルで結果を出す』でした。でも、そう決心してから自分を囲む状況が一変。結論どんな業界も常に変革のタイミングはあって、その時々の空気を察知して、さらに行動に移すことで未来は開けると思います。

付加価値と事業継承

布施:だからこそ、独自性というか、オリジナリティが必須な訳ですね

佐藤:そうですね。そこは布施専務と同様の趣味である、音楽とストリートカルチャーの世界から多くの学びを得てきました。友人たちの生き方からも相当影響を受けています。ある程度不良(笑)じゃないと行けない・見えないマインドのラインというか、カッコよさや面白さ、個性の重要性など様々です。それが一見関係のないように見える自分の仕事に、多くの価値観や付加価値をもたらしてくれており、自主製作精神の賜物です。影響をくれた全てに大きな感謝があります。

スタッフの人間力UPが成長の最大課題

布施:うちと同じですが、親子での事業承継、親子で仕事する事については。

佐藤:親子で仕事をすることや事業承継をすることに対して、大きな違和感はさほど感じません。それよりもこれまで気苦労をかけた、エスパックの「仲間に報いるため結果で応えなければ」という想いの方が大きく強いです。同時に、社長という大きな職責が感じる痛みを多少理解出来たことから、前社長へは『ご苦労様でした、後は任せて下さい』という想いを持ってます。

布施:これからの抱負をお聞かせ下さい。

佐藤:ローカル発、舞台は日本という包創企業を目指します。そのためには、したいことや望みを具現化するため、『伝える力』を鍛えます。そして今描いてる10年ビジョンを達成します。

布施:最後に皆さんへ一言。

佐藤:『山形から発信する』というこだわりが自分のものづくりの原点であり、その結果が山形への恩返しになれば嬉しいです!この先も頑張ります!

株式会社 エスパック

〒990-0004 山形県山形市上山家町758-2
☎023-634-1800 FAX023-634-180

====================
今日もお読み頂きありがとうございます
こちらは 山形で一番思い出に残る
きもの記念日をお届けするきもの専門店の
名物専務がお送りする、きものあれこれブログです
====================

お得なキャンペーンや、着物を着て楽しむイベント情報を、いち早くゲット出来ます

布施弥七京染店
〒990-2495 山形市若葉町4-6 023-622-6317
布施弥七京染店youtubeチャンネルはコチラ
布施弥七京染店ショップページはこちら
布施弥七京染店フェイスブックページはコチラ
布施弥七京染店ツイッターはコチラから

布施弥七京染店インスタグラムはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

山形きもの記念日
ホームページはコチラから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
専務 布施 将英の
個人のフェイスブックページはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

投稿者について

名物専務
山形で江戸時代から続く着物専門店の名物専務こと布施 将英。
着物初心者や、着物を着てみたいけど一歩踏みでない方を後押しできるようなブログを書いています。
趣味である音楽やDJは、1stアルバム好みの音故知新スタイル。また得意な筆ペンで書く「らくがきハガキ」は2011年より毎日投函継続中で、手書きチラシも仕事として制作を請け負っています。
着物の動画も多数放出中で、山形の着物屋さんで最も有名なyoutuber着物屋さん。着物初心者に向け他ものや、着物のお手入れについて、着物の HOW TO動画を多数あげていますので、「布施弥七京染店 動画」で検索してみてください。
読書は、ビジネス書や偉人伝の他、司馬遼太郎先生フリーク。音楽同様に温故知新の1st好き。一番好きな司馬遼太郎先生の作品は「梟の城」。全般的に「心へ静かに日を灯す」司馬遼太郎先生の文章が好きです。
他にも温泉・スポーツ観戦・ゴルフ・お笑い・山形のラーメン・ハイキューに造詣が深い昭和47年生れで、布施弥七京染店のスポークスマンとして県内外にて活躍。Facebook・Instagram・Twitterも随時発信中で、お客様の美姿と健康と思い出作りをお手伝いします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です