株式会社マルヰ e-SPORTS TRESURE 井上智陽さん

「弥七のかわら版」人気のNHKインスパイア企画です

おかげさまでうちのかわら版は、130号を越えたニュースレターになっていますが、その人気企画の一つが、うちの社長が紹介する「山形弁講座」。砕けた文言が面白いと、おかげさまで広い世代の方に喜んでいただいています。そしてもう一つの人気企画がこちら!NHKの「プロフェッショナル」をインスパイアした、山形のトップランナーにインタビューするという「玄フェッショナル」。今回は全国でも人気沸騰中のコンテンツを山形に初登場させた「玄フェッショナル」です

こちらはあなたの素敵なきもの記念日をお手伝いする
布施弥七京染店の専務 布施 将英(@meibutsu_senmu)のブログです。

株式会社マルヰ e-SPORTS TRESURE 井上智陽さん

布施:新店舗オープンおめでとうございます 

E-SPORTS マルイアミューズメント井上智陽さん(以下井上):ありがとうございます。おかげ様で山形市内にこの度、我々にとっても全く新しい分野において新店舗をオープンすることができました。

 布施:まずは会社の紹介をどうぞ

井上:(株)マルヰは山形で創業し、75周年目を迎えました。非常に長い期間に渡って商売をさせて頂いており、沢山の方々にお世話になってきました。十年以上前に事業撤退した製氷業時代のお客様に、いまだに「マルヰ製氷さん」とお声がけいただくことがあります。嬉しいですね。

サービス業にとってコロナ禍は深刻です

布施:新型コロナウイルスで一番大きな打撃を受けている業種の経営は大変ですね

井上:当社の事業は全てサービス業ですので新型コロナウィルスの影響はとても大きく、かなり深刻な状況が1年以上続いています。そんな中で僕らにできることは、「お客様の不安を少しでも取り除き、安心して遊んでいただける環境をつくる」ということに尽きるかと思いますので、感染予防の取組は徹底的に行ってきましたし、それを店内やSNS等でたくさん発信してきました。「これだけ対策しているのなら安心だね」というお声を常連様に頂くと、今やるべき事はこれなんだなと改めて実感します。

こういう時こそ根を深く張るためにも地域との結びつきを

 布施:仕事から生まれる社会的な意義や地域貢献も、一生懸命取組まれている会社という印象です

 井上:当社の企業理念に「お客様に期待され、社会に貢献できる企業活動」という1文があります。我々はその理念に基づき、これまでたくさんの社会貢献活動に取り組んできました。ファミリードーム杯という少年野球大会や、いじめ撲滅をテーマとしたこども祭の開催、児童養護施設の活動支援など、特に未来ある子供たちへの支援協力には力を入れてきました。その為の募金活動も当社の事業所などで日常的に行っておりますので、たくさんの方にご協力頂けたらと思います。

革新の連続が今を作っている

布施:そんな中で、あたらしく山形初のe-SPORTSを出店されたそうですが

井上:山形市の前明石に4月にオープンしました。eスポーツというと難しく聞こえるかもしれませんが、この施設は「ゲームを通じてたくさんの人がつながり、楽しい時間を過ごせるコミュニティスペース」をイメージして作りました。パソコン・家庭用ゲーム機・スマホで・ボードゲームと、開放感あるスペースでその人にあった使い方を楽しんで頂けます。最近はお孫さんとご来店の方も増えて来ましたね。

布施:e-SPORTSは、世界的に盛り上がりを見せていますよね

井上:世界規模で大きな大会が開催されるなど、非常に強い盛り上がりを見せております。日本でもプロリーグが開設されるなど気運は上昇傾向です。eスポーツカフェが全国的にも続々と開店したり、地域活性化のためのイベントにeスポーツが採用されたりという事例が増えていると聞いています。皆さんの反響や活用方法から、もっとeスポーツという言葉も身近な物になっていくと感じていますね。

幅広い世代に愛されるスペース作りを

布施:実は若い人だけでなく、60歳オーバーの方もおいでとか?

井上:最近ゲームが、高齢者の認知機能維持や機能向上にも効果的だと注目されています。実際にゲームをやってみると、決して難しいものではないですし、ご家庭でも気軽に始められるというのもeスポーツの良い点です。興味はあるけど…という人のためには、初心者教室も開催予定です。また高齢者施設や障がい者施設の方々からも、施設のイベントでeスポーツを採用したいとの声もいただいており、当社の施設を複合的にご活用頂き、新しい事業ドメインへさらに付加価値が加わりそうな予感がしています。

布施:おすすめのゲームは

井上:個人的には「フォートナイト」というゲームに没頭しています(笑)前述した高齢者の方々はパズルゲームを楽しまれているようです。

布施:最後に皆様へ一言。

井上:(株)マルヰはこれからも100年企業を目指して、新しい挑戦を続けていきます。たくさんの人に愛される会社になれるように頑張りますので、応援していただけたら嬉しいです。Eスポーツもぜひ、体験しにきてください。

e-SPORTS  TREASURE

所在地: 山形市前明石1352-5
電話: 023-646-9336

====================
今日もお読み頂きありがとうございます
こちらは 山形で一番思い出に残る
きもの記念日をお届けするきもの専門店の
名物専務がお送りする、きものあれこれブログです
====================

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: d779c1f3404b9ee772a4e9e4551eeb4b-1024x416.png
お得なキャンペーンや、着物を着て楽しむイベント情報を、いち早くゲット出来ます

布施弥七京染店
〒990-2495 山形市若葉町4-6 023-622-6317
布施弥七京染店youtubeチャンネルはコチラ
布施弥七京染店ショップページはこちら
布施弥七京染店フェイスブックページはコチラ
布施弥七京染店ツイッターはコチラから

布施弥七京染店インスタグラムはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

山形きもの記念日
ホームページはコチラから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
専務 布施 将英の
個人のフェイスブックページはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

投稿者について

名物専務
山形で江戸時代から続く着物専門店の名物専務こと布施 将英。
着物初心者や、着物を着てみたいけど一歩踏みでない方を後押しできるようなブログを書いています。
趣味である音楽やDJは、1stアルバム好みの音故知新スタイル。また得意な筆ペンで書く「らくがきハガキ」は2011年より毎日投函継続中で、手書きチラシも仕事として制作を請け負っています。
着物の動画も多数放出中で、山形の着物屋さんで最も有名なyoutuber着物屋さん。着物初心者に向け他ものや、着物のお手入れについて、着物の HOW TO動画を多数あげていますので、「布施弥七京染店 動画」で検索してみてください。
読書は、ビジネス書や偉人伝の他、司馬遼太郎先生フリーク。音楽同様に温故知新の1st好き。一番好きな司馬遼太郎先生の作品は「梟の城」。全般的に「心へ静かに日を灯す」司馬遼太郎先生の文章が好きです。
他にも温泉・スポーツ観戦・ゴルフ・お笑い・山形のラーメン・ハイキューに造詣が深い昭和47年生れで、布施弥七京染店のスポークスマンとして県内外にて活躍。Facebook・Instagram・Twitterも随時発信中で、お客様の美姿と健康と思い出作りをお手伝いします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です