筆文字で単的にセミナーをまとめてみると、ポイントがわかりやすいです!

筆文字を毎日書いています。 商売柄ってわけじゃありませんが、筆ペンを持つ事が多いわたしです。筆を持って10年くらい経過していますが、相変わらず「らくがきハガキ」って感じです。またうちの情報誌やチラシにも筆文字が多用されて[…]

もっと読む

「浴衣を着た後のたたみ方」&「お手入れの方法」は、これでバッチリ☆

さぁいよいよ夏休みも中盤!!夏の思い出はゆかたで☆ いよいよ夏休みも中盤!花笠祭りも終わって、夏のドレスで素敵な思い出作りをするチャンスは指折になってきたかな〜。今年もたくさんの浴衣美人のお手伝いをさせて頂いておりますが[…]

もっと読む

随分とシミと黄変のひどかった染帯を染め替えました。

誰しもタンスの中に、頭悩ませるお品が一点入っているものです。 誰だってそうですが、タンスの中にね。開かずのたとうしみたいなものがあります。シミがすごいのか、地色が若すぎるのか、カビているのか、寸法が違うくなったのか。いろ[…]

もっと読む

山形の夏祭りを代表する「花笠祭り」

なつなつなつ、ココナッツ 山形を代表する夏祭り真っ最中!今年の夏は本当に暑い。 みちのくの夏は短いというけれど、今年は比較的長い。 暑い時期が長かったからね〜。 でも、お盆も過ぎれば秋の風が吹く山形。 だからみちのくの夏[…]

もっと読む

今年もいよいよ花笠祭り開催!ゆかたで行く人は必見!!重宝する参考の動画をアップしました☆

みちのくの短い夏!夏祭りで楽しもうね〜 記録的な猛暑の夏、今年もみちのくの夏祭りの季節がやってきました。 青森のねぶた祭り 秋田の竿灯祭り 仙台の七夕祭り そしてご当地山形の夏祭りがこちら こちらはあなたの素敵なきもの記[…]

もっと読む

反物から仕立てた浴衣は、寸法がドンピシャで着やすいんです。

いよいよ浴衣の季節が本番になってきました。 今回は、意外に知られていない 仕立上がりのゆかたと お客様用にお誂えする浴衣の違いを お知らせしてみようと思います。 こちらは着物を通して素敵な思い出作りをお手伝いをモットーす[…]

もっと読む

今月のかわら版に登場した「東北芸術工科大学・学長のインタビュー」です

「弥七のかわら版」人気のNHKインスパイア企画です おかげさまでうちのかわら版は、100号を越えたニュースレターになっていますが、その人気企画の一つが、うちの会長が紹介する「山形旧町名紹介」。これは地元の歴史を細かく紹介[…]

もっと読む

着物も浴衣も、お手入れは専門店がオススメです

着物のお手入れは専門店がオススメです。 弊店の本店は、布施弥七京染店。 弥七というのは、創業者の方のお名前で そもそも染屋さんを生業にして仕事をはじめました。 だからうちは今でも、悉皆(しっかい)が多いんです こちらはあ[…]

もっと読む

クリーニング屋さんに浴衣のお手入れを出して驚いた!やっぱり専門性の高いお店じゃないと大変です。

とあるクリーニング屋さんにゆかたのお手入れを出してみて驚いた。 布施弥七京染店では、浴衣を着た後のお手入れを承っておりますが、通常のクリーニング店さんでも浴衣のクリーニングをやってるし、格安店でもゆかたをお手入れしてくれ[…]

もっと読む

司馬遼太郎先生の名言から、また仕事を頑張ろうと思うわけです。

実は私、司馬遼太郎先生が好きな着物屋です。 私は布施弥七京染店の布施 将英。 数々の趣味・好きな事がありますが、読書も趣味の一つ。なかでも「司馬遼太郎先生が大好き」で、活字嫌いの私でも初めて読み切る事ができた小説を書いた[…]

もっと読む

弥七のかわら版103号をお届けします。

「103号」は、あの有名人が玄人フェッショナル登場☆ 毎回おかげさまで人気のかわら版。 最近は色んな方にこのかわら版を喜んでもらえて、本当に嬉しく思っています。今回はゆかたのお手入れキャンペーンというお得なお知らせをお入[…]

もっと読む

布施弥七京染店では、来年と再来年成人式の方に夏の振袖展開催中です

いよいよ7月も終わりに。 みなさん夏の思い出を沢山作りしてますか〜〜 着物を通して素敵な思い出作りをお手伝いをモットーに 音楽・温泉・読書・SNS・スポーツ、そして人とのご縁が大好きな 布施弥七京染店・専務 布施 将英([…]

もっと読む

一筆入魂!生涯一片青山(しょうがいいっぺんのせいざん)

筆文字を毎日書いています。 着物屋だからってわけじゃありませんが、筆ペンを持つ事が多いわたしです。筆を持って10年くらい経過しています。またうちの情報誌やチラシにも筆文字が多用されているので、うちの店のお客様にとっては見[…]

もっと読む