東北絆まつり2021の開催について思うこと

5月の水田に水が入る季節、みちのくの魂を鼓舞するイベントが!!

開催公式HP
http://tohoku-kizunamatsuri.jp/

東日本大震災を受けて始まった、東北6県のお祭りで震災復興の狼煙をぶち上げた六魂祭。
東北に住む人間にとって、夏は短い。その短い夏を楽しむためにも、地域に大きな夏祭りがある。その夏祭りが集結して、震災の鎮魂と復興を願うお祭りが六魂祭。東北を一巡したので、今度は名前と在り方を変えてスタートしています。そのお祭りも、新型コロナの影響で大きく揺れて開催したわけです。今回はその件から個人的に思うことを書いています。

昨日は開催に先駆けて、自衛隊松島基地から青い衝動がかけつけました
胸と目頭が熱くなります

今回は完全に私見です。
また新型コロナウイルスへの解釈で、医師会や病院がマインドの主導で、物事を今まで通り進めるのはまかりならん!とお感じの方は、ここで引き返して下さい。お読みいただく必要がありませんし、不愉快な気分になると思いますので、読まないでください。

こちらはあなたの素敵なきもの記念日をお手伝いする
布施弥七京染店・専務 布施 将英(@meibutsu_senmu)のブログです。
最近は山形着物界屈指のyoutuberとしても有名な名物専務がおしらせします。

「覚悟を持って物事を開催するという決断」

新しい生活様式が基本となってしまった時代において、何か物事を開催するという主催者は大変大きな覚悟を持って「開催するという決断」をします。そして決断を担保できる様に、あまねく広く開催へアグリーしてもらえるように安全安心の根拠を組み立てます。

もちろん、物事を開催するにあたっては、賛成派と反対派に別れるのは言うまでもありませんし、自分の思う意見を述べる事については発言の自由も思想の自由もあります。

しかしこの時代においては、ことのほか新型コロナウイルスへの概念は人によってあまりにも違いすぎます。先日の成人式開催への道程を見ても思うように、覚悟をもって物事を主催する組織へ「新型コロナウイルスを大きな盾にして反論をぶつけてくる」ことが常態化している様です。

決めたことが変わってしまう背景

先日の成人式開催に当たっても、充分すぎるほどの感染症対策と県外から帰省する新成人には山形市からPCRキットを送って、陰性確認者だけから帰省してもらう様にきめ細かく環境整備しても、「医療関係者や議会関係者」の大きな圧で座布団が取られて開催8日前に急遽開催の方針を県内在住者へ変更することに。

明日から二日間開催される東北絆まつりも同様で、「新型コロナウイルスを大きな盾にして開催へ反論をぶつけてくる」状況を受けて、パレード中止→スポーツセンターにて開催→こちらにもミソがつき市役所付近にて開催と。

正直開催するにあたって、主催者側は感染症対策について「頭が千切れてしまうほど細部にわたって配慮」することがマストになっています。そしてそれと数倍サイズの「開催反対派に対応する労力」がマストになっていきます。正直、この部分がとても精神的に辛く、これが理由で物事を開催断念する場合も多い様です。

反対派は「新型コロナを盾にして強行に中止を迫る」

なんでもそうですが、事をなすに当たっては、賛成派も反対派もいて当然です。そして無関心な方もおいでで当然。ただこの新型コロナウイルスに抱く考え方については、上記の賛成派と反対派で絶対に交わらない溝が存在します。もちろん、ただ闇雲に開催してクラスターを作るような事であれば、その物事は開催できるよしもありませんが、きちんと対策をとって開催される場合には「新型コロナを盾にして強行に中止を迫る」必要はないんじゃないかと、僕は思っています。

もちろん、オリンピックの様な国家イベントについては、開催についてリスクよりも「IOCの利権」についての思惑や構造が透けて見えるので、色んな意見が出てきてしまうのは致し方ないと感じます。

しかし明日から開催される東北6県を代表するお祭り@山形や、各自治体の成人式や地域で伝統的に続けられてきたお祭り・そして人生の節目となる様なセレモニーについて、「新型コロナを盾にして強行に中止を迫る反対派」だけの意見で賛成派の意見が潰されない世の中になって欲しいと思います。

学校やPTA行事も同じ背景でほぼほぼ中止へのムード

開催を主催する側は、覚悟を持って開催します。反対派もいていいし、いて当たり前。しかしその覚悟について、賞賛とリスペクトを持って発言されるべきだろうと思います。なんでもかんでも「コロナで反対!!この時代に何考えてるんだ!!」と言う発想は、今からの世の中を停滞させる「旧式なマインド」だと思います。

「じゃぁお前の意見はどうなんだ!?」、と言う話になりますね。基本私は「今の状態で最善を尽くした開催を模索するべし」です。成人式は当初の思惑通りやるべきだったと思います。今回の東北絆まつりは、当初の思惑を機準に最悪無観客でイイから「もきらやか銀行本店前でパレード」を開催してほしかったなぁと思います。

物事を見る角度で見え方は違う。お互いで相手の意見も尊重しよう。

コロナ理由の反対派は「じゃぁ、このイベント開催で感染者が増えたらどうするんだ!」と迫ってきますが、山形市の成人式が理由で感染者は増えましたか?聞くところによると、山形市が送ったPCR検査キットを使い、山形へ帰省された方は少なくなかった様です。この時代、皆さんきちんと弁えて行動してますよって話です。そして成人式開催から2週間以上が経過。コロナ理由の成人式反対派は「何もなくて当たり前なんだ!」みたいな意見になっていくわけで。

この時代、各自がそれぞれの正論を発言します。それぞれが正義で正論なんです。ただ見る角度でその物事への「見え方が変わってくる」だけなんですよね。

物事を開催するに当たって、不毛な賛成派と反対派の衝突は、精神的なヒットポイントを大きく消耗させて行きます。もうイイ加減皆さん、どうにかして欲しいよなぁと思うわけで。開催に当たって奔走した事務局の皆さんのご苦労に、大きな敬意と尊敬をお送りいたします。

お祭りの成功と、新型コロナウイルスの終息を心よりご祈念申し上げます。

====================
今日もお読み頂きありがとうございます
こちらは 山形で一番思い出に残る
きもの記念日をお届けするきもの専門店の
名物専務がお送りする、きものあれこれブログです
====================

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: d779c1f3404b9ee772a4e9e4551eeb4b-1024x416.png
お得なキャンペーンや、着物を着て楽しむイベント情報を、いち早くゲット出来ます

布施弥七京染店
〒990-2495 山形市若葉町4-6 023-622-6317
布施弥七京染店youtubeチャンネルはコチラ
布施弥七京染店ショップページはこちら
布施弥七京染店フェイスブックページはコチラ
布施弥七京染店ツイッターはコチラから

布施弥七京染店インスタグラムはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

山形きもの記念日
ホームページはコチラから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
専務 布施 将英の
個人のフェイスブックページはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

投稿者について

名物専務
山形で江戸時代から続く着物専門店の名物専務こと布施 将英。
着物初心者や、着物を着てみたいけど一歩踏みでない方を後押しできるようなブログを書いています。
趣味である音楽やDJは、1stアルバム好みの音故知新スタイル。また得意な筆ペンで書く「らくがきハガキ」は2011年より毎日投函継続中で、手書きチラシも仕事として制作を請け負っています。
着物の動画も多数放出中で、山形の着物屋さんで最も有名なyoutuber着物屋さん。着物初心者に向け他ものや、着物のお手入れについて、着物の HOW TO動画を多数あげていますので、「布施弥七京染店 動画」で検索してみてください。
読書は、ビジネス書や偉人伝の他、司馬遼太郎先生フリーク。音楽同様に温故知新の1st好き。一番好きな司馬遼太郎先生の作品は「梟の城」。全般的に「心へ静かに日を灯す」司馬遼太郎先生の文章が好きです。
他にも温泉・スポーツ観戦・ゴルフ・お笑い・山形のラーメン・ハイキューに造詣が深い昭和47年生れで、布施弥七京染店のスポークスマンとして県内外にて活躍。Facebook・Instagram・Twitterも随時発信中で、お客様の美姿と健康と思い出作りをお手伝いします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です