着物初心者へ送る「着物を縫う糸って、寿命があるって知ってました?」

うちの店で着物のお手入れフェアを開催すると、いろんな時代に作られた着物を拝見します。21世紀になってからご用命いただいた着物は、まだまだ若い方です。平成の着物はもちろん、ややもすると普通に昭和の時代に作られた着物がやってきます。昔の生地というのは、今の時代と比べてややしっかりしているように感じます。昔のものにはいいものが多い、うちのおかみさんはよく、そういいます。

こちらはあなたの素敵なきもの記念日をお手伝いする
布施弥七京染店の専務 布施 将英(@meibutsu_senmu)のブログです。

着物を縫う糸って、寿命があるって知ってました?

私は昭和47年生まれです。その頃に作った着物をお持ちいただくこともあります。着物を仕立ててから、40数年が経過しているということです。着物自体にダメージはなくとも、今まで何回か着てついてきた古いシミや、変色・ほつれなどが大なり小なりあるはずです。そしてなかなか気にならない点ですが、実は着物の縫い糸に大きな問題が出ています。

着物自体、お手入れの環境が良ければ、親子三代にわたって着ることができます。しかし、着物を縫う縫い糸の寿命は、20年から25年。私が生まれた時に作った着物であれば、さすがにもう着物の縫い糸がキャパシティオーバー。その着物をたくさん着ていようが、一回しか着ていないとしても、仕立て直しの時期を迎えているということです。いわゆる縫い糸の経年劣化です。

(40年前の写真(笑)うちの裏で染物をしてました)
(40年前の写真(笑)うちの裏で染物をしてました)

この場合は、洗い張り仕立て直しという作業になります。一度着物を全部解いて、元々の反物状態に戻し、水の中に入れて洗います。この作業を洗い張りと言います。そしてお客様の現在の寸法に一番アジャストするように塗り直して、まるっきり新しい着物に生まれ変わるというわけです。

またこの段階でよく頂戴する仕事が、染め替えというものになります。昭和47年あたり、嫁入り道具の無地として、とっても鮮やかな紺色・ au のようなオレンジの無地・ぺこ&りゅうちぇるのようなピンクなどなど、今ではなかなかないような、鮮やかな色がたくさんありました。その色をそのままで着ようと思うと、なかなか抵抗があります。なのでこの洗い鍼をした後に、お客様のご希望の色に染め変えることが可能です。

そうすれば全く新しいものに生まれ変わり、今から向こう25年切ることができる着物に。こうやってみると着物というのは、大事にすれば50年以上着ることができるんですね。とてもコスパが高いと思います。洋服で50年とか、まずはありえませんからね。


4月14日からは、私が京都から山形にお邪魔しますよ〜

「わたし、お客様に親切なんで(米倉涼子風に)」で有名な着物ブラックジャックが布施弥七京染店へ登場!テクニカルなお仕事がお得意のブラックジャックです。着物に関するどんなご相談にも、細かく丁寧に対応してくれるので、本当にファンが多いんです。テクニカルなお手入れや、困った案件も無料でご相談受付&無料見積りします。

この機会にご来場して、着物に関するお悩みをすっきりさせてください☆来場お申込みは、コチラからどうぞ(^^)
来場予約
皆さんの素敵な思い出つくりのために
ちょっとでも思い出つくりに寄与できれば嬉しいです。

====================
こちらは 山形で一番思い出に残る
きもの記念日をお届けするきもの専門店の
名物専務がお送りする、きものあれこれブログです
====================

布施弥七京染店インスタグラムはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山形きもの記念日
ホームページはコチラから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
専務 布施 将英の
個人のフェイスブックページはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です