随分と早いですが、高校3年生の皆さんに、振袖のお知らせをお届けしています

今月のかわら版では、撮影会情報公開中。

布施弥七京染店では、毎年9月に振袖の写真撮影会を開催していますが、今月のかわら版ではその模様をレポートしています。沢山のお嬢様たちが素敵な笑顔でご参加頂き、うちのスタッフも大変楽しくご一緒させて頂きました。

こちらはあなたの素敵なきもの記念日をお手伝いする
布施弥七京染店・やしち屋の専務 布施 将英(@meibutsu_senmu)のブログです。

当店では、お嬢様のご家族様の一生の思い出作りをお手伝い中。もちろん振袖を通して、一生に一回の成人式を応援しております。毎年大勢のお客様をお手伝いしておりますが、本当にありがたい瞬間です。

毎年大勢のお客様と、振袖の写真撮影会をできるというのは、本当に着物屋さん冥利に尽きるものですね。最近は我々社長と専務が、完全に親世代になってきているので、お客様の写真撮影というよりは、親戚のお嬢様が成人式をする感覚です。

随分早いですが、高校三年生のお嬢様に振袖のご案内を出しています


とってもおどろかれると思いますが、最近の振袖事情って、二年くらい前から選ぶのが主流になってきています。すごく先のことすぎて驚く方も多いのですが、20年前とは大分事情が変わってきました。

我々が成人式をする感覚だと、半年前の花笠祭り位の時までに、振袖選びをコンプリートしておけば大丈夫だったんですが、昨今では大きく二つの要因で振袖の成約時期が早期化している。

理由その1・振袖のレンタルが大半になってきた。


振袖をご用命いただく際に、20年前は購入の方が多かったんですが、今の時代はレンタルが多くなりました。成人式の当日に着用する着物ということで、一枚の着物は一人の方にしかお貸し出来ない。そういう理由から、ご成約時期の早期化が進んでいきました。

理由その2・着物屋さんの数が倍になった


レンタル化の波が進んで、着物屋さんで振袖を取り扱うところが減少していきます。そしてレンタル屋さんが増えてきました。地元資本のレンタル屋さんだとまだいいのですが、全国チェーンのような店が増えてきて、地域の振袖マーケットの競争が、どんどん激しくなっていきます。

実際に高校三年生のお嬢様に振袖の案内をするのは随分と早いんですけど、地域のマーケットに県外企業が入ってくると、こう荒れてくるんですよね〜。北関東地区が一番早いらしいですが、山形も同様で成約時期の早期化が進んできました。

地元の山形で成人式をされる場合には、これが一番大事だと思いますので、ぜひご存知頂きたいです。

振袖選びで一番大事なことは、店選びです!


振袖をご用命いただく際に、もちろんサービスや商品・価格も大事ですが、それよりも何よりも、店選びが一番大事です。ここを間違えると、すべてのことが大きく変わってきます。レンタルで気軽に、という事で大きな流れは間違い無いですが、写真の内容や、成人式当日のきめ細かさは、お店によって随分と違います。

手前味噌ですが、うちの店の場合は成人式の当日、式典会場にて着付けのお直し部隊を派遣するような取り組み姿勢です。山形市内では、うちしか行っていないサービスですが、市内の他の着物屋さんは、着付けして「はい行ってらっしゃい」でおしまい。

こういう姿勢という部分でも、店選びが本当に重要。だって、悔しい思いや残念な思いをしてきたお嬢様やご家族様を沢山見てますもん。一回しか選ばない振袖だからこそ、店選びがとっても大事だと思っています。

弥七振袖撮影会の動画をお伝えします


うちのYOUTUBEアカウントには、皆さんのインタビューも掲載されていますので、ぜひご覧になってみてください。山形で成人式されるお嬢様とご家族様を、全力で応援しております。

地元のケーブルテレビで放送されました、布施弥七京染店の振袖写真撮影会の風景です。この映像で全部伝わりきらないかもしれませんが、とっても素敵な撮影会です

お嬢様の撮影会後インタビュー


こちらは、撮影会へ出席してもらったお嬢様の感想動画。最近はiPhoneだけで動画が作れる時代。こうやってお嬢様の体験レポートみたいなのを作るには最適ですね〜。可愛いモデルさんで流石です☆親御さんへのメッセージとかは照れますが、こういう時間をお手伝いできるのも嬉しいです。

成人式当日のお支度模様


毎年こうやって、お嬢様の成人式当日をお手伝いしています。なかなか言葉だけでは通じ難いですが、こうやって動画になっていると伝わりやすいですね〜。布施弥七京染店のお支度会場は、成人式の会場近くに設けてありますので、ご家族様も任せて安心です☆
皆さんの素敵な思い出つくりのために
ちょっとでも思い出つくりに寄与できれば嬉しいです。

こちらをお届けするのは、布施弥七京染店の専務です

布施弥七京染店
〒990-2495 山形市若葉町4-6 023-622-6317

布施弥七京染店インスタグラムはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山形きもの記念日
ホームページはコチラから
きものクリニック
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
専務 布施 将英の
個人のフェイスブックページはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

投稿者について

名物専務
山形で江戸時代から続く着物専門店の名物専務こと布施 将英。
http://mag.kimonokinenbi.com/2018/06/11/611/
主に着物初心者や、着物を着てみたいけど一歩踏みでない方を後押しできるようなブログを書いています。ブログは2008年からスタートしており、合計4000記事超えで毎日更新中。ココ2年ほどは、ようやくまともな着物屋さんのブログになってきました。
趣味である音楽やDJ・は、!stアルバム好みの音故知新スタイル。また得意な筆ペンで書く「らくがきハガキ」は2011年より毎日投函継続中で、手書きチラシも仕事として制作を請け負っています。また読書も好きで、ビジネス書や偉人伝の他、司馬遼太郎先生フリーク。音楽同様に温故知新の1st好き。一番好きな司馬遼太郎先生の作品は「梟の城」。全般的に「心へ静かに日を灯す」司馬遼太郎先生の文章が好きです。
他にも温泉・スポーツ観戦・ゴルフ・お笑い・山形のラーメン・ハイキューに造詣が深い昭和47年生れで、布施弥七京染店のスポークスマンとして県内外にて活躍。Facebook・Instagram・Twitter・Youtubeも随時発信中で、お客様の美姿と健康と思い出作りをお手伝いします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です