着物レンジャーが思う着付け論。振袖の着付けって、プロの技だよね〜。自分じゃできない。

お正月着物の着付けが多かった布施弥七京染店です

こちらはあなたの素敵なきもの記念日をお手伝いする
布施弥七京染店の専務 布施 将英(@meibutsu_senmu)のブログです。
明けましておめでとうございます。
今年は年頭より着物の着付けが多くて、嬉しいスタートです。
いつも着付けのお手伝いをさせて頂くに連れ思うのですが。
振袖の着付けって、自分でするのが難しいですよね〜。
でも、小紋や紬などのカジュアル着物なら、自分で着付けできますもんね。
着物の種類で着付けのスキルも大きく変わるよなぁ〜って思いました。

振袖の帯結びって、難しいもんですね

コチラはウチの着付けの先生が、振袖の着付けで帯結びをされる所を撮影した動画。通常のお太鼓じゃない帯結びっていうのは、もちろん自分じゃ出来ないから、やってもらうもんね。で、結び方も幾通りもあるから難しいもん。とっても大変です。

でも、こうやってタイムラプスで見ていると、簡単にやって見えるから不思議(笑)見てると簡単そうに見えるかもしれないけど、実際に自分でやってみると、全く難しくって出来ない。だからこそお稽古してやるんだろうけどさ、振袖の着付けって、改めて大変だと思った。

「袋帯のお太鼓なら自分で出来ますね」と思わせる動画はコチラ

うちのチーフがお太鼓結びを、簡単に動画で紹介しています。さすがにこの位の尺で、ささっとやってくれると、自分でも簡単にできるんじゃないかと、錯覚します(笑)でも、実際に見るのとやるのでは大違い(笑)自分の手で覚えたことだからこそ、こうやってささっとやって教えられるわけでさ。

見るのとやるのじゃ大違い。

実際に着付けをしてみたいという方にとって、いきなりプロユースの難しい着付けはハードル高いですよね。でも手軽にお試し出来るような企画があったら、とってもとっつきやすいかもしれません。

そんなふうにお感じの方に、布施弥七京染店では「ワンコイン着付講習会」をご用意しています。お稽古ごとのように、ガチンコで習う着付けじゃなくって、わからないところだけをワンポイントで習うにはこの、ワンコインが最適!

興味がある人は、電話かWEBで、お問い合わせくださいね。

超簡単に着付けができるように、うちのチーフや若女将が、50分500円のワンコインにて着付けをレクチャーします。お試しで着付けを習ってみたい方にとっては、とっても簡単お手軽なチャンスです。ぜひ上記リンクか、下記電話番号にてワンコイン着付けのお問い合わせをしてみてくださいね〜☆

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

布施弥七京染店
〒990-2495 山形市若葉町4-6 023-622-6317

布施弥七京染店フェイスブックページはコチラ
布施弥七京染店ツイッターはコチラから

布施弥七京染店インスタグラムはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山形きもの記念日
ホームページはコチラから着ものがたり
ホームページはこちらからきものクリニック

ホームページはコチラから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
専務 布施 将英の
個人のフェイスブックページはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

投稿者について

名物専務
山形で江戸時代から続く着物専門店の名物専務こと布施 将英。
http://mag.kimonokinenbi.com/2018/06/11/611/
主に着物初心者や、着物を着てみたいけど一歩踏みでない方を後押しできるようなブログを書いています。ブログは2008年からスタートしており、合計4000記事超えで毎日更新中。ココ2年ほどは、ようやくまともな着物屋さんのブログになってきました。
趣味である音楽やDJ・は、!stアルバム好みの音故知新スタイル。また得意な筆ペンで書く「らくがきハガキ」は2011年より毎日投函継続中で、手書きチラシも仕事として制作を請け負っています。また読書も好きで、ビジネス書や偉人伝の他、司馬遼太郎先生フリーク。音楽同様に温故知新の1st好き。一番好きな司馬遼太郎先生の作品は「梟の城」。全般的に「心へ静かに日を灯す」司馬遼太郎先生の文章が好きです。
他にも温泉・スポーツ観戦・ゴルフ・お笑い・山形のラーメン・ハイキューに造詣が深い昭和47年生れで、布施弥七京染店のスポークスマンとして県内外にて活躍。Facebook・Instagram・Twitter・Youtubeも随時発信中で、お客様の美姿と健康と思い出作りをお手伝いします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です