最近は洗い張りの注文が増えてきています

うちのきものクリニックランディングページが出来ました

もともとうちの店は悉皆屋さんだったこともあり、地元では非常にテクニカルな仕事が多く依頼されます。皆さんのお話を聞くに連れ、これはきっと山形だけじゃなくって、全国的にお困りの方が多いだろうなと思いページを作りました。よかったらご覧になってみて下さいね。

こちらはあなたの素敵なきもの記念日をお手伝いする
布施弥七京染店の専務 布施 将英(@meibutsu_senmu)のブログです。

最近は洗い張りの注文が増えてきています


このブログを頻繁にご覧頂いてる方にとってはよく耳にする言葉かもしれませんが、着物にあまり関心のない方にとってはほぼほぼ初めて聞く単語かもしれません。

着物というのは、昔から日本の日常着として着られてきました。フォーマルな席はもちろんですが、江戸時代までで言えば、日本人の着るものとして着物しかなかった時代です。そして江戸時代で言えば、庶民は絹の着物など着る理由もなく、ほぼほぼが木綿素材の日常着の着物を着ていました。当然洗うことができますし、破れたところやをほつれたところは、きちんとお手入れしながら着用していました。

またある程度着物を着用したら、一度解いて反物の状態に戻し、反物をきれいに洗って新しく仕立て替えるという作業を行い、一枚の着物を丁寧に長い時間着用したものです。

最近では日常的に着物を着用することがなくなったので、昔のようにさんざん着倒して洗い張りするという作業がなくなりましたが、本来着物というのはそうやって長い間着用されてきたものです。

21世紀になり時代が進み、モノを消費するという形態が、一過性のものになってきたように感じています。ですから前から比べると、洗い張りという概念が異常に低くなってきました。ですがうちの店では、譲り受けた着物やお母さんの&おばあちゃんの着物に新しい命を吹き込むべく、ここ数年洗い張りが非常に増えています。昔のものだからもうどうにもなりませんというわけではありませんから、是非専門の店にお持ちの着物をご相談になってみてください。

着物のお手入れに出す際に代表的な3つの質問。


きもの屋さんに着物のお手入れを出す際に代表的な3つの質問がこれです。

  1. 着物の丸洗いで、全部キレイになりますか?
  2. 古いシミなんですが、落ちますか?
  3. 結論としては、お幾らかかりますか?

今までに付き合いのあるきもの屋さんであればこんな事は通常の会話でやり取りできるのですが、初めて着物のお手入れを出す際にはこんな事を単刀直入にききずらいとお感じの方が多いようです。うちの店では、前もってMailやSNSでのメッセージをお入れ頂けるので、お気軽にお問い合わせ頂けます。また、お友達でお困りの方がおいででしたら、ぜひ紹介してあげて下さいね。

<きものクリニックの無料お問合せはコチラから>

====================
こちらは 山形で一番思い出に残る
きもの記念日をお届けするきもの専門店の
名物専務がお送りする、きものあれこれブログです
====================

布施弥七京染店
〒990-2495 山形市若葉町4-6 023-622-6317
布施弥七京染店フェイスブックページはコチラ
布施弥七京染店ツイッターはコチラから

布施弥七京染店インスタグラムはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

山形きもの記念日
ホームページはコチラから
着ものがたり
ホームページはこちらから

きものクリニック
ホームページはコチラから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
専務 布施 将英の
個人のフェイスブックページはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

投稿者について

名物専務
山形で江戸時代から続く着物専門店の名物専務こと布施 将英。
http://mag.kimonokinenbi.com/2018/06/11/611/
主に着物初心者や、着物を着てみたいけど一歩踏みでない方を後押しできるようなブログを書いています。ブログは2008年からスタートしており、合計4000記事超えで毎日更新中。ココ2年ほどは、ようやくまともな着物屋さんのブログになってきました。
趣味である音楽やDJ・は、!stアルバム好みの音故知新スタイル。また得意な筆ペンで書く「らくがきハガキ」は2011年より毎日投函継続中で、手書きチラシも仕事として制作を請け負っています。また読書も好きで、ビジネス書や偉人伝の他、司馬遼太郎先生フリーク。音楽同様に温故知新の1st好き。一番好きな司馬遼太郎先生の作品は「梟の城」。全般的に「心へ静かに日を灯す」司馬遼太郎先生の文章が好きです。
他にも温泉・スポーツ観戦・ゴルフ・お笑い・山形のラーメン・ハイキューに造詣が深い昭和47年生れで、布施弥七京染店のスポークスマンとして県内外にて活躍。Facebook・Instagram・Twitter・Youtubeも随時発信中で、お客様の美姿と健康と思い出作りをお手伝いします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です