麺バウンドを、mind mapで説明してみたよ

本日リリースした、麺バウンドの続きです。

色々と言葉で書くと長くなるので
頭をすっきりさせて、皆さんにお伝えするにはと思い
mind mapで、お伝えしてみたいと思います。

おそらく、この方が見てわかる感じかと(笑)

とにかく山形は、観光資源にあふれています。
当たり前に良いものが身近にあるので
観光資源と思わないのですが
これは実は凄いことなんです。

で、これらの5つの要素を
ピンクの文字の方にお伝えしたいんですよね〜

という事で思いついたのが
麺バウンドです。

これだと、麺という一つの業界だけでなく
複数の業界に渡るので
まとめるためには、
ネゴシエイターの力が必要です。

旅行会社さんと
行政にタクトを振っていただこうと
思っているところです。

麺バウンドツアーとして

一泊二日 麺バウンドコース

二泊三日 麺バウンドコース

という感じで、県外&国外の方にアナウンス。
そして、旅行会社では、このコースをパックにして
麺バウンドパッケージコースとして
県外の方に&外国からおいでの方に
山形県オススメとして活用する。

そんなイメージです。
これって、結構面白いよね〜〜

妄想モワモワ。

山形の村山・最上・庄内・置賜の
麺バウンドコースを、
早速考えてみようと思います。

投稿者について

名物専務
山形で江戸時代から続く着物専門店の名物専務こと布施 将英。
http://mag.kimonokinenbi.com/2018/06/11/611/
主に着物初心者や、着物を着てみたいけど一歩踏みでない方を後押しできるようなブログを書いています。ブログは2008年からスタートしており、合計4000記事超えで毎日更新中。ココ2年ほどは、ようやくまともな着物屋さんのブログになってきました。
趣味である音楽やDJ・は、!stアルバム好みの音故知新スタイル。また得意な筆ペンで書く「らくがきハガキ」は2011年より毎日投函継続中で、手書きチラシも仕事として制作を請け負っています。また読書も好きで、ビジネス書や偉人伝の他、司馬遼太郎先生フリーク。音楽同様に温故知新の1st好き。一番好きな司馬遼太郎先生の作品は「梟の城」。全般的に「心へ静かに日を灯す」司馬遼太郎先生の文章が好きです。
他にも温泉・スポーツ観戦・ゴルフ・お笑い・山形のラーメン・ハイキューに造詣が深い昭和47年生れで、布施弥七京染店のスポークスマンとして県内外にて活躍。Facebook・Instagram・Twitter・Youtubeも随時発信中で、お客様の美姿と健康と思い出作りをお手伝いします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です