「今は、別府行くより、草津行こうぜ。」に感じる、日本らしい愛情!

素晴らしい広告が生まれたようです。
こういう、愛の溢れることが
沢山ある事が、日本の日本たる所以だと思います。

今は、別府行くより、草津行こうぜ

こちらはあなたの素敵なきもの記念日をお手伝いする
布施弥七京染店・やしち屋の専務 布施 将英(@meibutsu_senmu)のブログです。

素晴らしいキャッチフレーズが2018年2月16日の新聞に掲載され話題を呼んでいるようです。凄いですね〜。日本を代表する有名温泉同士が、お互いを称え合うような広告に、身体よりも心が温まりますね。

ライバルへエール


草津と言えば、白根山の噴火から約1カ月が経過して、厳戒態勢は解かれたものの、未だ尚噴火の評判があり客足は遠く。そんな中でドロップされたこの広告は、福岡の西日本新聞に掲載された別府市から草津に向けたエール!なんと粋な広告だなぁ〜、お互いが素晴らしい!続く言葉には「元気があってこそのライバル。草津へエール! Go! 草津 別府温泉より」と書かれているようです。

別府市観光戦略担当課の担当者によると、以下のような背景があったようです

「実は、あの広告を創ったのには、ある背景があったんですよ」との事。

「今から約2年前、2016年4月、熊本・大分地震が発生しました。その直後、別府市は観光客が激減した時期がありました。その時、支えてくれたのは全国のお客様。そこで地震から1年を経過したのを契機に、元気になった別府からの『恩返し』を始めたのです」

全国の一般家庭や施設のお風呂へ、別府温泉のお湯を無料で届けるという恩返しですが、その途中で立ち寄った草津で、温泉の湯を分けてもらったことがありました。その草津の湯は、別府市民に楽しんでもらったのですが、草津温泉とはそんなご縁もありました

そして2018年1月23日、草津白根山の本白根山鏡池付近で噴火が発生した。本白根山と草津温泉街とは5キロ以上も離れており、直接危険が及ぶことはないにも関わらず、宿泊客の予約キャンセルが殺到したという。

「自然災害の影響で観光客が減少し、風評被害に苦しんだ経験を持つ別府温泉としては、草津温泉の湯を提供していただいた恩義に応えなければと思い、今回の広告掲載に至りました」と、観光課担当者。

2つの温泉地にまつわる物語!すごいわ、熱すぎでしょ!!
温泉だけに。ネットの声は以下のような素晴らしい反響。

「ネットの声」


「お互いを盛り上げていけるハートウォーミングな素晴らしい一面をみせる広告」
「いいライバルじゃないか」
「なんというか凄いです別府」
「群馬県民として感謝申し上げます」
「草津も別府も、どっちも行こうぜ!!」
「スポンサー見て納得。惚れてまうやろ!」
「温かい気分になっちゃいました」
「いいぞ別府市」
「本当に粋だわ」
「別府の皆さんの心意気を感じる」


 

素晴らしいと賞賛が多数!

さすが!テレビの効果も大きいですね

やっぱり地元の温泉に分きしてもらいたい気分もあるけど
今回の件は無条件に素晴らしいと共感できる

絆って本当に大事だね〜☆

別府!あっぱれ!!

ついつい自分の利益だけを見るこの世の中で
こういう愛情の送り方って、
本当に素晴らしいなぁと思うのです。

草津も別府も素晴らしい!
蔵王もがんばって☆

参照元:別府市草津温泉観光協会

====================
今日もお読み頂きありがとうございます
こちらは 山形で一番思い出に残る
きもの記念日をお届けするきもの専門店の
名物専務がお送りする、きものあれこれブログです
====================

布施弥七京染店インスタグラムはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山形きもの記念日
ホームページはコチラから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
専務 布施 将英の
個人のフェイスブックページはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

投稿者について

名物専務
山形で江戸時代から続く着物専門店の名物専務こと布施 将英。
着物・商売・音楽やDJ・温泉・読書・スポーツ観戦・ゴルフ・お笑い・山形のラーメン・ハイキューに造詣が深い昭和47年生れで、布施弥七京染店のスポークスマンとして県内外にて活躍。ブログは4000記事超えで毎日更新中。
Facebook・Instagram・Twitterも随時発信中。
お客様の美姿と健康と思い出作りをお手伝いします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です