着物初心者に向けて送る「絹は濡れると大事件!!特にちりめんは注意が必要です」

どんどん山形市内も暖かくなり、南から桜の便りがどんどん届いています。今年の冬は本当に寒かったから、雪国にとっては待ち遠しい春です。春らしくなると着物姿の方も増えてきます。そこで今日は、絹が濡れた場合の実験をお知らせします。

こちらはあなたの素敵なきもの記念日をお手伝いする
布施弥七京染店の専務 布施 将英(@meibutsu_senmu)のブログです。

絹は濡れると大事件!!特にちりめんは注意が必要

こちらはあなたの素敵なきもの記念日をお手伝いする
布施弥七京染店の専務 布施 将英(@meibutsu_senmu)のブログです。

 

基本的に着物の扱いや、絹物の扱いに関しては、一般的な方は馴染みない場合が99%です。だからこそ我々のような専門店がお手伝いできるのです。着物を濡らしちゃいけないということは誰でも分かっています。でも濡らしてしまったらどうなるんでしょう。そんなことを感じてもらうために、今日は一本の動画を紹介します。

前回出演頂いたパールトーンさんの実験です。ちりめんの生地を醤油と水で濡らしてみます。さてどうなるでしょう?動画をご覧ください。

 

なんじゃこりゃ〜〜〜〜〜〜〜!普通着物に醤油をたらしたり、水をかけたりなんて、絶対しませんけど、今回はわかりやすい実験ということで、こんな風にしてみました。濡れると大変ですね〜〜ww普通の人じゃ完全に手に負えません。

着物の生地でも何種類かありますが、特にこの生地の凹凸が高いちりめんという絹物に関しては、濡らしてしまうととても厄介です。保管状態で湿度が高い場合も同じことが言えます。一度縮んでしまうとこれを治すためには、解いて洗い張りして縫い直すしかありません。このタイプの生地に関しては、ある程度心得のある方におすすめしています。逆に言うと、あまり心得のない方には、この記事をすすめません。

濡らしてしまった場合は、絶対にこすらないで、軽く上から濡れた部分を吸い取ってください。濡れた部分の湿気を吸い取る際には、ティッシュがおすすめです。絶対にお店のおしぼりは使わないでください。大分ご存知ないことなんですが、お店のおしぼりには化学薬品が若干含まれています。その化学薬品が着物に悪さをすることがあります。ですのでお持ちのティッシュで軽く押さえてください。そして出来る限り早く、専門の店お手入れに出すことをお勧めします。


4月14日からは、私が京都から山形にお邪魔しますよ〜

「わたし、お客様に親切なんで(米倉涼子風に)」で有名な着物ブラックジャックが布施弥七京染店へ登場!テクニカルなお仕事がお得意のブラックジャックです。着物に関するどんなご相談にも、細かく丁寧に対応してくれるので、本当にファンが多いんです。テクニカルなお手入れや、困った案件も無料でご相談受付&無料見積りします。

この機会にご来場して、着物に関するお悩みをすっきりさせてください☆来場お申込みは、コチラからどうぞ(^^)
来場予約
皆さんの素敵な思い出つくりのために
ちょっとでも思い出つくりに寄与できれば嬉しいです。

====================
こちらは 山形で一番思い出に残る
きもの記念日をお届けするきもの専門店の
名物専務がお送りする、きものあれこれブログです
====================

布施弥七京染店インスタグラムはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山形きもの記念日
ホームページはコチラから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
専務 布施 将英の
個人のフェイスブックページはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です