普段から着物を着る方でも意外にあやふや!?「単衣に合わせる帯や襦袢や小物について」

おかげ様で昨日のブログの読まれ方が半端なかったです。
やはり、薄物についての感覚というか、現状現象と言うか
明確なガイドラインが難しいので、沢山読まれたのかと推測しています。
という事で、今回は着物にあわせる諸々をご紹介

単衣に合わせる帯や襦袢や小物について

こちらはあなたの素敵なきもの記念日をお手伝いする
布施弥七京染店の専務 布施 将英(@meibutsu_senmu)のブログです。

単衣とは、胴裏と八掛が付いていない着物のことで、一般的には6月と9月に着用するものと言われていますが、昨今は温暖化の影響や、カジュアル着物の普及により、単衣物の時期が長くなりました。我々仕事で着用する場合は、4月くらいから単衣を着ることもあります。今回は単衣の細かい部分をご紹介します。

単衣の向いてる着物は、 どんな着物なの?

一般的に単衣に向いている着物というのはなく、どんな着物でも単衣に出来ます。暑い時期に着るために「薄い地色で柄の差し色がきつくないもの」や「白大島や塩沢紬の用に、質感・風合いが単衣向きのもの」が、単衣に好まれています。フォーマルだと、少し薄くてしゃり感があるような生地に単衣の季節のお花などを染めたものが多いです。ただ、単衣専用に作られているものはとても少ないです。ジューンブライトと呼ばれるように6月の結婚式も有りますから、フォーマル対策としては、単衣の付け下げか訪問着をお持ちになるとが重宝です。鬼しぼ縮緬のように生地が厚いものは、単衣の着物に選ばれないようです。裏地には「衿裏」とお尻の部分のチカラ布として「居敷き当て」が付けられます。店によって・商品によっては、並巾の居敷き当てを付ける所と、広幅の居敷き当てを付ける所があるようですが、どちらにしろ単衣の着物の場合はお尻の部分に随分と圧がかかります。お誂えになる場合は、きちんと「居敷き当てをどうやって付けてくれるのか」を、確認しましょう。

単衣に向いてる帯はどんなの?

単衣のフォーマル着物に合わせる帯は、大きく分けて3つあります。1つめが、冬の帯を合わせる場合。2つめが、夏前の暑い時期だと、夏の帯を合わせる場合。3つめが、真冬以外使用可能な、ちょっと薄手の帯を合わせる場合となります。1の場合、一般的にはあまり濃い地色のものを選ばない事が多いです。2の場合、7月に近くなり随分と暑い場合は、単衣の着物に夏帯を合わせることもあります。3の場合が、一番安心です。

最近では袋帯の織り方が柔らかく軽く上がっている場合が多いので、単衣向きの帯が増えているように感じます。一方カジュアルの場合は、8寸名古屋帯や染の塩瀬帯、そして特に8寸博多帯などが重宝されているようです。柄付けに関しては、カジュアルもシーンでもフォーマルシーンでも、季節の草花や涼しさを感じさせる柄が重用されているようです。

単衣を着る時の襦袢はどんなの?

単衣の着物を着る場合、基本的には袖が無双になっていない単衣の長襦袢を使います。また暑い時期に着用する場合は、夏の長襦袢を着たり、簡易的なモノで代用する場合もあります。さらにはお手入れに関して手軽な「洗える生地の長襦袢」も重用されているようです。暑い時期に着物を着ていただくのだとすれば、無理せずに長襦袢は薄いものを選択して頂いてよろしいと思います。

単衣を着る時はどんな小物なの?

単衣の着物を着る場合、基本的には冬物の帯揚げ帯締めをお使いいただきます。ですが暑い時期に着る場合で、帯が夏物になっていればおのずと帯揚げ帯締めも夏物になります。山形的に単衣の着物で夏物の帯(帯揚げ帯締め)になる時期がいつかというと、さくらんぼが出荷され始める時といったところでしょうか。カジュアルの場合はあまり細かい決まりはないので、気温に合わせて楽しみましょう。

最後になりますが、単衣の場合というのは結構めんどう
というのも、通常の袷ものと違って、着る時の気温に大きく左右されるからです。
フォーマルシーンではきちんとした決まりがありますが
カジュアル出来る場合は、暑い時は暑いなりに、涼しく着てもらって良いと思います。
単衣用の帯が、どどーんと出るイベントは下記です☆
====================

5月18日から布施弥七京染店年度末イベントをどでかく開催☆

 

====================
こちらは 山形で一番思い出に残る
きもの記念日をお届けするきもの専門店の
名物専務がお送りする、きものあれこれブログです
====================

布施弥七京染店インスタグラムはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山形きもの記念日
ホームページはコチラから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
専務 布施 将英の
個人のフェイスブックページはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

投稿者について

名物専務
山形で江戸時代から続く着物専門店の名物専務こと布施 将英。
着物・商売・音楽やDJ・温泉・読書・スポーツ観戦・ゴルフ・お笑い・山形のラーメン・ハイキューに造詣が深い昭和47年生れで、布施弥七京染店のスポークスマンとして県内外にて活躍。ブログは4000記事超えで毎日更新中。
Facebook・Instagram・Twitterも随時発信中。
お客様の美姿と健康と思い出作りをお手伝いします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です