まるでbeastie boysを彷彿させる、エミネムとリックルービン

突然ですが、音楽好きの名物専務今日はこんな曲聞いてました

創業1647年、地元山形の着物専門店・布施弥七京染店では
着物を通して素敵な思い出作りをお手伝いがモットーですが、じつは。。。
うちの兄である社長と僕は、だいぶ音楽好き。だいぶ好きです。
詳しいかどうかは別として、だい〜〜〜ぶ好きです。

突然ですが、音楽好きの名物専務今日はこんな曲聞いてました

Eminem – Berzerk (Official) (Explicit)

Dr.DREじゃないプロデュース!GOOOD!!

知ってる人も居るかと思いますが
アメリカのラッパー・エミネム

最高に人気のある白人ラッパーです
基本的には、Dr DREのプロデュースが多いんです。
まぁDr DREの申し子のようなもんだからね。

でも、たまに別の人がプロデュースするんだけど
この曲は凄い!センスを感じる一曲だよなぁ〜。

リック・ルービンという敏腕プロデューサーの作品

リック・ルービン (Rick Rubin、1963年3月10日 – ) は、アメリカ合衆国音楽プロデューサーレコードレーベル経営者。アメリカン・レコーディングス(American Recordings)及びデフ・ジャム・レコードの創始者であり、現在はコロムビア・レコードの共同社長を務める。

ビースティ・ボーイズRun-D.M.C.をプロデュースし、ヒップホップをメジャー・シーンに押し上げた。現在までに手掛けたアーティストは数多く、レッド・ホット・チリ・ペッパーズスレイヤーメタリカシステム・オブ・ア・ダウンといったロックバンドから、ジョニー・キャッシュアデルなどのシンガーソングライターまで、幅広く活躍している。

2007年には、タイム誌の選ぶ世界で最も影響力のある100人に選ばれた。また、MTVは彼が「過去20年間で最も重要なプロデューサー」だとしている

もう、かっこ悪いわけがないよね
素晴らしすぎる一曲です。

基本的には低所得者層や有色人種の間で広まった
ヒップホップというストリートカルチャーの中で
主義主張を音楽に乗せるラップミュージック。

白人がやるにはちょっと隔たりがあったわけですが
beastie boys とリックルービンが、1986年のアルバムで
大きな風穴を開けます。

1986年にリリースされた、デフジャム初の白人ミリオン

すごくぶっ飛んだジャケットでした。
片面が飛行機の尾翼。
そして裏を見ると墜落してる。
いや〜〜、狂ってるわ汗(笑)

特に有名なのは、この曲ですね〜
完全なるパーティーチューンです。

FIGHT FOR YOUR RIGHT

でも、僕が好きなのはこっちのほう。
しっかりシンプルなトラックで、マイクリレーとラップの色が出てて好きです。

SLOW & LOW

最後に、亡くなっているMCAに、デディケイトヒム!!

====================

今年の夏は、ゆかたで楽しもう

お手軽な仕立上がりゆかたも、反物からのお誂えも、どちらもお任せ☆今年の夏は、素敵なゆかたで楽しもう
お手軽な仕立上がりゆかたも、反物からのお誂えも、どちらもお任せ☆今年の夏は、素敵なゆかたで楽しもう

浴衣レンタル・着ものがたり 

山形で浴衣レンタルをできるのは、弥七だけ☆お手軽お気軽にどうぞ
山形で浴衣レンタルをできるのは、弥七だけ☆お手軽お気軽にどうぞ

布施弥七京染店
〒990-2495 山形市若葉町4-6 023-622-6317

布施弥七京染店インスタグラムはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山形きもの記念日
ホームページはコチラから
きものクリニック
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
専務 布施 将英の
個人のフェイスブックページはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

投稿者について

名物専務
山形で江戸時代から続く着物専門店の名物専務こと布施 将英。
http://mag.kimonokinenbi.com/2018/06/11/611/
主に着物初心者や、着物を着てみたいけど一歩踏みでない方を後押しできるようなブログを書いています。ブログは2008年からスタートしており、合計4000記事超えで毎日更新中。ココ2年ほどは、ようやくまともな着物屋さんのブログになってきました。
趣味である音楽やDJ・は、!stアルバム好みの音故知新スタイル。また得意な筆ペンで書く「らくがきハガキ」は2011年より毎日投函継続中で、手書きチラシも仕事として制作を請け負っています。また読書も好きで、ビジネス書や偉人伝の他、司馬遼太郎先生フリーク。音楽同様に温故知新の1st好き。一番好きな司馬遼太郎先生の作品は「梟の城」。全般的に「心へ静かに日を灯す」司馬遼太郎先生の文章が好きです。
他にも温泉・スポーツ観戦・ゴルフ・お笑い・山形のラーメン・ハイキューに造詣が深い昭和47年生れで、布施弥七京染店のスポークスマンとして県内外にて活躍。Facebook・Instagram・Twitter・Youtubeも随時発信中で、お客様の美姿と健康と思い出作りをお手伝いします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です