地元愛も大事だけど、お邪魔した土地へのリスペクトってもっと大事。

お国自慢も大事だけどさ、その前にリスペクトとか、目の前に感謝しないとね

先日米沢まで行った翌日、喜多方に行ってラーメン食べてきました。行こうと思っていた店が休みだったので、地元の人にアドバイスもらって行ってきた店です。そしてちょっと感じたことがあるので、個人的に書いてみようと思います。

喜多方ラーメンは山形以上に、とっても有名です。


こちらはあなたの素敵なきもの記念日をお手伝いする
布施弥七京染店の専務 布施 将英(@meibutsu_senmu)のブログです。ご存知の方はご存知かもしれませんが、わたくし中華そば好きが高じまして、山形ラーメン列伝という山形の美味しい文化を広めるフェイスブックページを運営しています。それはそれは、山形には美味しいお店がたくさんあって、しかも世帯別中華麺消費量が、全国1位となっている山形!まさしくお国自慢なわけです。

そんな中にあって、喜多方に行ってきました。本当はばんないさんとなりの松屋さんに行きたかったのですが、あいにく定休日。ということで、地元の人に紹介してもらったうめやさんに行ってきました。

ばんないさんにて修行された大将が、4年前にオープンしたお店。

醤油はもちろんですが、塩もあるって珍しい。
しかも、ネギが山形のネギ味噌のネギみたいにこんもり(笑)
ということで、頼んだのはチャーシューメン。
とっても喜多方な感じでした。

ばんないさんよりも、好みな感じでした。
僕にはばんないさんのスープは、ちょっと塩っけ強くってね。
こちらのお店くらいの感じで、ちょうどよかったです。

とっても、ラーメンが美味しかったのですが、ここからがここで思ったこと。

今に感謝できないとダメ。どこに行っても幸せになれない。


ちょうどお店を出た時のこと。奥様と旦那様が、こんな会話を。

「この店のスープはいいけど、麺はうちの地元丸丸の方が上だな」

「チャーシューは、地元の丸丸の方が好み」

うん、喜多方にきて、喜多方を堪能しているのに、自分の土地の感覚を定規にして、美味しい美味しくないを議論する。これってさぁ、なんか「ふしあわせ」だと思うんだよなぁ。別に口に合わなかったら、それはそれでしょうがないし、好みもある。

でも、自分の地元と比べて、自分のお国自慢の延長みたいなね。なんか違うと思ったわけです。
自分が今おかれている環境についてしっかりと味わうべきで、やれ他はどうだあれはどうだとか行って、今目の前を楽しめないって、すごく不健康で、ふしあわせなことだと、その二人を見て思ったんです。

これって何も、その観光地だけに限ったことでなく、今自分がいるところを最高と思えることが、とても重要だということです。無い物ねだりの人は、一生ないないないないっていうらしいけど、それって本当にそうだと思うしね〜。

大人ならスマートに、「ここ人気店なんだね。美味しかったですよ☆」

と、一言お店の人に伝えて帰るようにしたいものです。

こちらをお届けするのは、布施弥七京染店の専務です

布施弥七京染店
〒990-2495 山形市若葉町4-6 023-622-6317

布施弥七京染店インスタグラムはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山形きもの記念日
ホームページはコチラから
きものクリニック
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
専務 布施 将英の
個人のフェイスブックページはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

投稿者について

名物専務
山形で江戸時代から続く着物専門店の名物専務こと布施 将英。
http://mag.kimonokinenbi.com/2018/06/11/611/
主に着物初心者や、着物を着てみたいけど一歩踏みでない方を後押しできるようなブログを書いています。ブログは2008年からスタートしており、合計4000記事超えで毎日更新中。ココ2年ほどは、ようやくまともな着物屋さんのブログになってきました。
趣味である音楽やDJ・は、!stアルバム好みの音故知新スタイル。また得意な筆ペンで書く「らくがきハガキ」は2011年より毎日投函継続中で、手書きチラシも仕事として制作を請け負っています。また読書も好きで、ビジネス書や偉人伝の他、司馬遼太郎先生フリーク。音楽同様に温故知新の1st好き。一番好きな司馬遼太郎先生の作品は「梟の城」。全般的に「心へ静かに日を灯す」司馬遼太郎先生の文章が好きです。
他にも温泉・スポーツ観戦・ゴルフ・お笑い・山形のラーメン・ハイキューに造詣が深い昭和47年生れで、布施弥七京染店のスポークスマンとして県内外にて活躍。Facebook・Instagram・Twitter・Youtubeも随時発信中で、お客様の美姿と健康と思い出作りをお手伝いします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です