老舗すぎるコラボは山形和の匠「和〜美っくり!」記者会見を開催してきたぞ〜!

今回は、新しいサービスの記者会見でした

こちらはあなたの素敵なきもの記念日をお手伝いする
布施弥七京染店・専務 布施 将英(@meibutsu_senmu)のブログです。
最近は山形着物界屈指のyoutuberとしても有名な名物専務がおしらせします。

老舗すぎるコラボは、三社合わせて539歳「和〜美っくり!」

伝統的な物を「捨てる→活かす」事を目的に、山形和文化再生三人衆「和〜美っくり!」を結成。山辺にある「お布団診察室」石沢布団店/半郷にある「和ダンス診断士」家具のヤマヒョウ/そして弊店「着物お手入れ相談」布施弥七京染店が、皆さんのご自宅にある素敵な和のテイスト溢れる逸品に新しい命を吹き込むお手伝いを致します。各社の取組企画が新聞やテレビなどの報道でもお知らせされましたが、今回は三社がタッグを組んで、皆さんの素敵な思い出作りをお手伝い致します。今回は、三人で記者会見に挑んだぞ!!

「和〜美っくり!」の記者会見風景とプレスリリース

自分一人の記者会見だと気が楽なんですが、三人一緒だと間違う事ができないし、下手な事言えないので心配です汗。案の定口語的なしっかりした台本を作ろうと思うも、書き直す事6回!(笑)しかも、最後にはY−bizの尾上さんから、教育的指導が入るというどんでん返し(笑)

三人での船出を祝うのか危ぶむのか汗(笑)、非常にドキドキする展開で当日を迎えました。そして実際に会場にお見え頂く方が、なんと0人という素晴らしい夢を見て当日を迎える事になるのでした。

記者会見中でもふざける余裕があるのは、さすがの同級生コンビ(笑)

まぁ〜緊張してもしょうがないし、自分たちを必要以上に大きく見せても仕方ないしという事で、自然体で挑もうと思ったところです。こういう時の同窓生は非常に心強いもので、インカメする余裕すら持つ石沢君は大物だなぁとwww(笑)つい彼のインカメを見つけて、混ざらせてもらいましたよ。そして、テレビ局のかたも新聞社の方もお見え頂き、素晴らしい発表の場所となりました。

早速ネットニュースにも登場!

山形新聞さんは、毎回我々の活動を応援してくれており、非常に嬉しいです。今回も通常の山形新聞さんの記事がヤフーニュースとして登場!さすがの地元新聞社!心強いです。

また更には、地元の経済新聞さんでもネットニュースにしてくれています。とても嬉しい事です。

テレビでも放送されました。

今回の我々の活動を毎度応援して下さる地元のTBS系列局さんが、記者会見に来てくださいました。こちらも毎度何かある都度に応援してくださって、本当に嬉しく感じます。今回2020年秋のお彼岸からサービス開始します山形和文化再生請負三人衆「和〜美っくり!」きちんとみなさんの思い出作りをお手伝いしていきたいと思います。

今回も応援してくださったみなさま、本当にありがとうございます
今後とも山形和文化再生請負三人衆「和〜美っくり!」として、皆さんのご自宅にある素敵な和のテイスト溢れる逸品へ「捨てる→もっと活かす」を合言葉に、活動していきたいと思います。

「和〜美っくり!」って何!?という方のために、改めて下記説明を添付します

「和〜美っくり!」の自己紹介と結成の経緯をインタビュー形式でどうぞ。

みなさん初めまして、山形和文化再生三人衆「和〜美っくり!」を結成しました、

左 山辺・石沢布団店

中 山形市半郷・家具のヤマヒョウ

右 布施弥七京染店です。

今回は山形売上増進支援センター「y-biz」さんのご協力により、「先祖から引き継いだ大切なものを、ライフスタイルに順応させ、捨てる→活かす」を目的に、和の領域で再生を手掛ける3社が手を組んだ和文化再生プロジェクトです。

それぞれの会社でお客様のお役立ちの為に、再生請負企画をやっていたのですが、お客様の抱える諸問題が似ていることと、お客様の課題が複合的なことから、この三社がコラボするとお客様の課題解決力が早まると考えたからです。

キーワードは「捨てる→生かす」

石沢布団店・石沢:私は布団屋ですが、ココ最近の首都圏における粗大ゴミNo,1が布団という現状です。最近の使い切り消費のような商品であれば致し方ないですが、昔作られたような綿の布団は「打ち直し」という再生が可能です。これは和箪笥にも着物にも共通することで、思い出あるお品を現代のライフスタイルに合わせて残して活かしたいという思いに共感した3社が、お客様の思い出をしっかり繋いでいけるために活動をするに至りました。

みなさんそれぞれに「y-bizさん経由」の専門家としての肩書き。

家具のヤマヒョウ・井上:石沢さんはお布団診察室、布施弥七京染店さんは対面でもネットでも相談可能な着物ドクター、そして私は和箪笥診断士と、3社それぞれに専門性高く和文化を再生出来るので、三人が集う事に価値があると感じます。私自身和箪笥のコンパクト再生を注文頂くことが多いですが、同時に箪笥の中に入っていた着物や布団の相談を受けることも多いんです。我々のどこか一箇所に相談したら、まとめてお悩みを解決出来ることが、お客様の利点だと思います。

専門性の高い事って、そもそも誰に相談したら良いかわからない

弥七・専務:通常の生活の中で直面する問題や課題は対処方法が明確ですが、「和文化」というカテゴリーは、殊の外難しいと思われがちです。また大きくライフスタイルが変わった現代においては、捨てると活かすを選り分けるアドバイスしてくれる人も減りました。だからこそ我々が「皆様のお困りごと解決のためにお役立ち出来る様に」同盟を組めば「和〜美っくり!」山形に残っている素晴らしい和文化が再生するのではないかと、活動していく意義と使命感を強く感じています。

実際にどうやってお客様の注文やお困りごとを聞くんですか?

布施弥七京染店:上記のイラストにあるように、お困り事を解決してくれそうな人にご連絡下さい。ご不安有れば、まずは布施弥七京染店にご相談頂いて結構です。皆様のお困りごとに対して、それぞれに信頼出来るプロを紹介します。お客様からすれば「一箇所に声がけすれば、全部まとめて綺麗になっちゃう」という利点もあります。まずはお気軽に無料相談をお寄せくださいね。

家具のヤマヒョウ

古い箪笥の再生やリサイズ、適切な処分を提案する「和箪笥診断」(無料)
【再生利活用メニュー】
・原寸再生 180,000円 ・コンパクト再生 200,000円
・コンパクト再生+ONE コンパクト再生時に出た端材を活かし小物を作成
(例) 掛け時計 18,000円、状差し 15,000円、他
・供養 お焚き上げ供養(代行諸経費10,000円+祈祷料5,000円)
・他、譲渡供養(展示品、再生部材として、要相談)もあり

布施弥七京染店

古い着物の利活用と適切な処分を提案する「着物断捨離企画」(無料)
【再生利活用メニュー】
・着物丸洗い 6,000円~ ・着物シミ抜き 10,000円~ ・カビ落とし 15,000円~
・仕立て直し 要相談 ・リメイク 要相談 
(着物生地を使った異なる用途へ再生/アロハシャツなど)

ほかテクニカルなご注文はこちらから

石沢布団店

古い布団の打ち直しと適切な処分を提案する「お布団の診察室」(無料)
【再生利活用メニュー(税別)】
・布団の仕立て直し 8,500円~ ・布団のクリーニング 3,000円~
・オゾン除菌 1,000円~ ・羽毛布団リフォーム 19,800円~
・打ち直しリメイク 要相談(布団類を異なる用途へ再生/座布団やクッション他)

↓まずは↓お気軽に↓お問い合わせ↓ください↓

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScnEevxOl0j7SPs8Nh8XO9LuvjGbg46GWA6vpTt5DifVWlgWQ/viewform

お得なキャンペーンや、着物を着て楽しむイベント情報を、いち早くゲット出来ます

====================
今日もお読み頂きありがとうございます
こちらは 山形で一番思い出に残る
きもの記念日をお届けするきもの専門店の
名物専務がお送りする、きものあれこれブログです
====================

布施弥七京染店
〒990-2495 山形市若葉町4-6 023-622-6317
布施弥七京染店youtubeチャンネルはコチラ
布施弥七京染店フェイスブックページはコチラ
布施弥七京染店ツイッターはコチラから
布施弥七京染店インスタグラムはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

山形きもの記念日
ホームページはコチラから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
専務 布施 将英の
個人のフェイスブックページはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

投稿者について

名物専務
山形で江戸時代から続く着物専門店の名物専務こと布施 将英。
着物初心者や、着物を着てみたいけど一歩踏みでない方を後押しできるようなブログを書いています。
趣味である音楽やDJは、1stアルバム好みの音故知新スタイル。また得意な筆ペンで書く「らくがきハガキ」は2011年より毎日投函継続中で、手書きチラシも仕事として制作を請け負っています。
着物の動画も多数放出中で、山形の着物屋さんで最も有名なyoutuber着物屋さん。着物初心者に向け他ものや、着物のお手入れについて、着物の HOW TO動画を多数あげていますので、「布施弥七京染店 動画」で検索してみてください。
読書は、ビジネス書や偉人伝の他、司馬遼太郎先生フリーク。音楽同様に温故知新の1st好き。一番好きな司馬遼太郎先生の作品は「梟の城」。全般的に「心へ静かに日を灯す」司馬遼太郎先生の文章が好きです。
他にも温泉・スポーツ観戦・ゴルフ・お笑い・山形のラーメン・ハイキューに造詣が深い昭和47年生れで、布施弥七京染店のスポークスマンとして県内外にて活躍。Facebook・Instagram・Twitterも随時発信中で、お客様の美姿と健康と思い出作りをお手伝いします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です