同業者が尊敬する経営者が本当のおすすめ店な気がする「岩手一関のきもの専門店」

尊敬するきもの専門店経営者に会ってきた

お邪魔しました「岩手一関のきもの専門店」の和とわさん社長の高橋 市郎兵衛さん今回も突然ながらも、暖かく優しくお迎え頂き、とてもみのりある時間を頂きました。冒頭にあるように、最近は色んな会社のPR方法や口コミの方法もあるので、情報の届き方が様々になってきた。でも本当の口コミで一番参考になるのは「同業者がお薦めする店が本物」って事です。これは、間違いない事実。という事で、私名物専務がお薦めする、一関市にある名店をご紹介します

こちらはあなたの素敵なきもの記念日をお手伝いする
布施弥七京染店の専務 布施 将英(@meibutsu_senmu)のブログです。
今日は尊敬申し上げる先輩経営者をご紹介したいと思います。

一関市にある和の専門店・和とわさん


こちらは、高橋市郎兵衛社長のお店。和とわの前身、呉服のたかはし屋の創業は古く、一関で九代続く老舗の地域の着物専門店。非常に前向きで時代に合わせるセンスがぴったりの社長は、きもの専門店という守備範囲を広げながら、大型のショッピングモール出店や、フォトスタジオを開設する経営手腕。とにかく、選択と決断が素晴らしい社長です。

時代に合わせる感覚は本当に素晴らしい

昭和・平成と、色んな着物の価値観があったし受け継がれてきました。そんな中ではあるけど、21世紀で令和の時代、どんなふうに着物という文化を今の世代にマッチングさせていったら良いのかと思案する着物やさんが多いです。実際うちもそう。日々思案するも、なかなか変われないし、他から見て「この店変わったね」と感じてもらえることは少ない。でも、こちらの社長のお店はそうじゃない。そこが本当に素晴らしいと感じるし、尊敬申し上げるポイントです。

時流を掴む感覚と、話を聞く能力

どの業界でもそうですが昔から同じ業界に長くいると、その業界の昔からある慣習に慣れ親しんでしまい、新しい感覚を導入できないという話をよく聞きます。殊の外伝統と歴史とか、昔からある古式ゆかしき業界においては、その傾向がより顕著になります。前に歌舞伎と文楽という対比で、伝統を重んじるばかりなかなか今の時代に合わせることが難しいという動画を作りましたが、日本全国にある着物専門店さんで、この状況に陥っているのが半数以上かと思われます。逆な言い方をすれば、今の時代に合わせて変化対応できている着物専門店の方が少ないということです。

社長も空も、明るく爽やかに歓待頂きました(笑)


歴史を重んじる店が悪いと言ってるわけではありません、ただ未来に向かって、着物屋さんとして打てる次の「一手」を、しっかり打てているお店が非常に少ないということです。もちろんうちの店も色々やってる「つもり」です。ですが、 うちの店を知らない一般の人から見れば、普通の着物屋さんと何ら変わらないかもしれません。

今の感覚の人が、親しみやすいお店です


しかしこちらの「和とわ」さんは、着物業界を知らない一般の人から見ても、新しい感覚の着物屋さんだねと、すぐ感じ取れるお店です。お店が綺麗で新しいから、こういうことを言っているわけではなく、時代の流れに合わせていく感じが非常に素晴らしいということです。ついつい着物専門店経営者の先輩は、昔はこうだったからと今の時代の感覚に合わせることが、得意じゃない場合が多いです。しかしこちらの高橋市郎兵衛社長は、本当に素晴らしいです。

8年前も社長を訪ねて勉強させてもらいました


上段の写真は、8年前に社長を訪問した際の写真。俺、洋服だし(汗・笑)今回も高橋市郎兵衛社長にお会いして、新しい感覚と前向きな経営手腕に触れさせていただきました。着物業界にいて、高橋市郎兵衛社長のお店を知らないという人はモグリです。確実にモグリです!!(笑)もちろんこの感覚をお持ちの社長ですから、非常に勉強熱心で、多方面でご活躍されています。勉強の成果は、もちろん経営にも生きてらっしゃるし、社員育成にも大きく寄与されています。お店にお邪魔してたくさんの社員の方がおいでてらっしゃいましたが、皆さん非常に感じ良く田舎者の私も歓待いただきました(笑)社長、皆様、本当にありがとうございましたm(_ _)m

同業者の私でもお薦めするお店です


岩手県一関市で着物を着ることがあったら、まずは一度こちらのお店に足を運んでみてください。ここの店で買いなさいとか、ここの店で決めなさいとかは言いません。まずはお店に足を運んで、どんなお店か体験してみてください。きっと、新しい着物のあり方についてお感じいただけるかと思います。 

和とわ (一関市)


「和とわ」は、着物を中心にして着物販売、着物レンタル、着物メンテナンス、
振袖、和レッスン、フォトスタジオが、有機的に繋がり「和とわ」グループを運営。
新しい次世代型のきもの専門店として、地域の方のみならず、広く支持を集める。

HP https://wa-towa.jp/

〒021-0885 岩手県一関市田村町1−25
0191-26-5291

お得なキャンペーンや、着物を着て楽しむイベント情報を、いち早くゲット出来ます

<きものクリニックの無料お問合せはコチラから>

こちらをお届けするのは、布施弥七京染店の専務です

布施弥七京染店
〒990-2495 山形市若葉町4-6 023-622-6317

布施弥七京染店フェイスブックページはコチラ
布施弥七京染店ツイッターはコチラから

布施弥七京染店インスタグラムはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山形きもの記念日
ホームページはコチラから
着ものがたり
ホームページはこちらから

きものクリニック
ホームページはコチラから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
専務 布施 将英の
個人のフェイスブックページはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です