山形十字屋閉店にあたり、百貨店の存在意義について思うこと

十字屋さんに思う事をちょっとだけ

先日山形市にある十字屋さんが
来年1月末に閉店決定とのニュース。
寂しいニュースでしたね。

今回は、百貨店の存在意義についてです

こちらはあなたの素敵なきもの記念日をお手伝いする
布施弥七京染店・やしち屋の専務 布施 将英(@meibutsu_senmu)のブログです。

先日あったニュースで
山形市の十字屋さんが閉店とのこと

先日のブログでも書きましたがとても残念です

当時、ニチイもあって、
ステーションデパートもあって
ダイエーもあって賑やかな駅前。

昭和の頃の当たり前が
平成、そして21世紀では
通用しなくなっているわけです。

その代表的な事例が
今回のニュースだと思います。

物がなかった頃なら良いのですが
ココまで物が溢れている時代に
百貨がそろう、素敵なお店

という店の強みでは
なかなかニーズとのマッチングが
そぐわない世の中だと思うのです。

品揃えで言えば、Amazonが一番だろうからね〜〜w

では、本当の百貨店の商品は何でしょう?

例えばですが
牛丼の吉野家の本当の商品は
「牛丼でなく、旨さ早さ安さ」

運送会社の本当の商品は
「トラックじゃなく、商品輸送の正確性と速度」

床屋さんの商品は
「髪を切る技術でなく、お客様との人間的距離感」

着物屋さんの商品は
「モノでなく、それをおすすめする担当員の人間力・提案力と、店の暖簾と信用」

スターバックスの商品は
「コーヒーでなく、その空間自体が商品」

以上を踏まえて、百貨店の本当の商品を考えると

img_5046

憧れ

ブランド

対応力

セレクト目利きチカラ

重厚感

などであって
品揃えではない世の中に
なってきていると思うのです。

着物業界も斜陽産業と言われて久しいですが
百貨店業界も、業界自体が衰退産業だと言ってしまう世の中

このニュースを見て
ウチの商品も、もう一回見直して

発信の仕方
交流の仕方
提案の仕方

を、見直さなければと思った次第でした。

山形だけじゃなく、中心市街地が空洞化して
郊外大型店が多くなってきている日本各地。
この島は、大型ショッピングセンターやモールで
どんどん金太郎飴みたいになってきていると思う。

山交ビルだって人ごとじゃないし
本店の前なんて局地的な話だしね。

人口動態が変わってきた今
今後の店としてのあり方を
しっかり見直さないとなぁ。

さ、今日もしっかり行きますよ〜〜☆

====================
今日もお読み頂きありがとうございます
こちらは 山形で一番思い出に残る
きもの記念日をお届けするきもの専門店の
名物専務がお送りする、きものあれこれブログです
====================

布施弥七京染店インスタグラムはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
やしち屋山交ビル店
〒990-0039 山形市香澄町3-2-1 023-665-4873
やしち屋フェイスブックページはコチラ
やしち屋ツイッターはコチラから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山形きもの記念日
ホームページはコチラから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
専務 布施 将英の
個人のフェイスブックページはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です