ご存知ですよね「草履を履いた後のお手入れ」

先日うちの子の学校で開催された入学式が、雨模様でした。
そこで着物を着た皆さんにお届けしたい記事です。

着物を着た後のお手入れは皆さんだいぶご存知の方が多いと思います。でも草履を履いた後のお手入れをご存じない方が、想像以上に少ないので今回は改めてお知らせします。

今回は、草履を履いた後のお手入れです

こちらはあなたの素敵なきもの記念日をお手伝いする
布施弥七京染店の専務 布施 将英(@meibutsu_senmu)のブログです。

着物を着た後のお手入れは皆さんだいぶご存知の方が多いと思います。でも草履を履いた後のお手入れをご存じない方が、想像以上に少ないので今回は改めてお知らせします。

草履ははいた後に、チェックしてほしい部分が一箇所。それは草履の底をチェックして欲しいんです。

基本的に草履の本体と、草履の底の部分は別々です。草履の底にソールを貼って、釘とノリで止めてあります。通常の場合ですと、草履の底がそんなに痛むことはありませんが、特に雨の日に外で履いた草履の底の場合は、のりの部分が弱くなることがあります。

そんな時はこの動画にもあるように、草履を一度干してあげてください。草履の下に風の通り道を作るために、つま先と踵がわに割り箸のようなものを置いて、草履の裏側がしっかり乾くようにしてあげてください。

雨の日に草履を履いた後にこのひと手間をかけたのとそうでないのとでは、草履の痛みがだいぶ変わってきます。草履の裏の乗りも経年劣化で、15年もすると剥がれやすくなってきます。この作業をやっていないと、さらに経年劣化が早まるかと思います。雨の日に草履を履いた際には、こんなふうにお手入れしてあげてください。


4月14日からは、私が京都から山形にお邪魔しますよ〜

「わたし、お客様に親切なんで(米倉涼子風に)」で有名な着物ブラックジャックが布施弥七京染店へ登場!テクニカルなお仕事がお得意のブラックジャックです。着物に関するどんなご相談にも、細かく丁寧に対応してくれるので、本当にファンが多いんです。テクニカルなお手入れや、困った案件も無料でご相談受付&無料見積りします。

この機会にご来場して、着物に関するお悩みをすっきりさせてください☆来場お申込みは、コチラからどうぞ(^^)
来場予約
皆さんの素敵な思い出つくりのために
ちょっとでも思い出つくりに寄与できれば嬉しいです。

====================
こちらは 山形で一番思い出に残る
きもの記念日をお届けするきもの専門店の
名物専務がお送りする、きものあれこれブログです
====================

布施弥七京染店インスタグラムはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山形きもの記念日
ホームページはコチラから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
専務 布施 将英の
個人のフェイスブックページはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です