「手書きチラシ書いてくれませんか?」とありがたいお声☆手書きチラシが効果的な三つの理由

先日のブログを見た人から、問い合わせのメールをいただきました。

先日うちの店の手書きチラシを、ちょっとだけ出してみました。うちの店のチラシじゃなく、所属する倫理法人会のモーニングセミナーお知らせなんですが、ちょっと手書きで作ってみたんです。そしたら、通常のワープロうちよりも、断然反響がある訳でね。このモーニングセミナーの時も、通常より130%くらいの方にご来場いただき大盛況でした。

倫理法人会のモーニングセミナーを、手書きチラシで宣伝して、いつもの150%の集客ができた実績手書きチラシ
倫理法人会のモーニングセミナーを、手書きチラシで宣伝して、いつもの150%の集客ができた実績手書きチラシ

なんで通常のパソコン政策チラシよりも、手書きチラシが良いんでしょうね?あったかい感じがするから?今時じゃないから?ヘタウマの文字だから!?(笑)なんででしょうね〜〜って事で、ちょっと書いてみようと思います。

「手書きチラシ書いてくれませんか?」と言われました。抽選で2名のチラシを、無料で書いてみます。


こちらはあなたの素敵なきもの記念日をお手伝いする
布施弥七京染店の専務 布施 将英(@meibutsu_senmu)のブログです。

ネットでもなんでも、検索すれば色んな事が分かる時代になりました。特に日用回周り品については、大型量販店に始まってネットの共同購入。そして価格ドットコムと、色んな物の販売方法が今までの基準と大きく変わってきました。

何を買うよりも、どこから買うという状況です。こうなってくると、価格競争が進みます。だからこその価格ドットコムなんでしょうけど、コレが進んで驚異的なデフレ帰還が長く続いたわけです。これはきっと、誰にとっても良いことでないわけで。

ゆかたのお手入れも、手書きで宣伝してみました。
ゆかたのお手入れも、手書きで宣伝してみました。

そんな中、自分の商品を気に入ってもらえるような、自分が出会いたい人に合うために、この手書きチラシという手法は本当に有益だなぁと、ここ10年ほど痛感しているので、うちの店では多用しています。パソコンで作ったチラシも重要ですが、間違いなく手書きものが入ってきます。今回の展示会は、こういうパソコンうちのチラシですが

間違いなく一つ、手書きのものが入るようにしています。では、なんで手書きが良いんでしょうね〜!?という事で至極個人的考察を、書いてみようと思います。

お客様にお届けするお便りの中には、毎回自分の近況を伝えるような手書きメッセを同封しています
お客様にお届けするお便りの中には、毎回自分の近況を伝えるような手書きメッセを同封しています

手書きチラシの良い所その1 「通常のチラシより目に止まる」

名字(宛名)の部分だけ空いていて、その人別に名前を手書きで入れてみました
名字(宛名)の部分だけ空いていて、その人別に名前を手書きで入れてみました

現在世の中に出回っている情報の99%は、パソコンで作られたような情報です。紙情報も、ネットも、マスコミの情報も、全てパソコンで作られた情報。デザインや写真映像のチカラによる加工能力が非常に大きく、こういう情報が普通になってきています。そんな中においで、こういう手書きの文字や筆文字に関しては、必然的に珍しく感じるもので、通常のパソコンで作ったようなものよりも目に止まるようです。

手書きチラシの良い所その2 「文章が簡潔なので見やすい」

これは僕の持論というか、私が作るチラシ全般なんですが、手書きで作る場合筆文字とペン文字を併用します。なので強弱をつけやすいんですが、その分書ける文字数が決まってきます。なので必然的に文字を最小化する必要があり、結果として文章が短く簡潔になりやすいんです。読み手にとって詳しい情報まで欲しい人は非常に稀なので、興味関心を持ってもらうという意味では、この手書きの簡潔な感じが、とっても良いんだと思います。

手書きチラシの良い所その3 「人柄が出て伝わりやすい」

うちの店から出るハガキ、こういう手書きのエッセンスの物が多いです
うちの店から出るハガキ、こういう手書きのエッセンスの物が多いです

僕は手書きのメリットはここだと思っています。書いている人の人柄が文字には出やすいと思っています。読み書きそろばんとは、言い得て妙だなぁと思うのですが、こういう文字の顔って、人間性が出やすいと思っています。見た感じの文字の印象もそうだし、書いている文章の内容もそう。手書きチラシは、人柄が出て伝わりやすいなぁって感じています。

以上3点が、手書きチラシの良い所だと思っています。ですが、大抵の場合は面倒だし書けないんで、パソコンのチラシになっていく傾向にありますね。うんうん、わかる気がするわ〜〜。うちだってそうだもん汗(笑)意識的に手書きを作っていかないと、どんどんパソコン文字になっていくんだよね〜。でも、僕にとって筆文字は「ある意味商売道具(笑)」なんです。

こういう近況報告って、関係性のあるお客様に出すから、効果があるんだよね〜(笑)
こういう近況報告って、関係性のあるお客様に出すから、効果があるんだよね〜(笑)

という事で、昨日のブログ記事を乗せたら、早速Facebookに問い合わせがきました。着物屋さんのブログなのに、筆文字の問合せって面白いなぁと思うのですが(笑)。問合せの内容は、「うちの店のチラシを手書きで書いてくれませんか?」って話。

最近よそのチラシを書いてなかったので、久々に筆文字の気分をリフレッシュするために、他店の手書きチラシを書いてみようと思います。興味ある方は、下記から問合せメールを入れて下さいね。先着順ですので、ご了承ください。


問合せの「内容」の部分に下記をご記入下さい

======================
店舗名/
取扱商品/
お店の強み/
打ち出したい商品/
お客様の反応/
キャンペーンの特徴・特典/

来場予約

注意事項/今回チラシを書かせてもらうにあたり、
1 作った手書きチラシを公表して良い方
2 手書きチラシの効果を聞かせてくれる方
3 チラシを描くためのお店のイラストや写真素材をお持ちの方
4 明るく元気に商売を続けていこうという方
上記4点を、無料チラシの対象者とさせて頂きます。

こちらは私と一緒に手書きチラシを書いている「手書きチラシマスター」です。あたりが柔らかいものを作らせたら、本当に上手な彼です。
こちらは私と一緒に手書きチラシを書いている「手書きチラシマスター」です。あたりが柔らかいものを作らせたら、本当に上手な彼です。

どんな事になるかなぁ〜と楽しみです。
興味ある方、上記の青文字部分を、メールでお知らせ下さいね〜

====================

布施弥七京染店インスタグラムはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山形きもの記念日
ホームページはコチラから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
専務 布施 将英の
個人のフェイスブックページはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

投稿者について

名物専務
山形で江戸時代から続く着物専門店の名物専務こと布施 将英。
http://mag.kimonokinenbi.com/2018/06/11/611/
主に着物初心者や、着物を着てみたいけど一歩踏みでない方を後押しできるようなブログを書いています。ブログは2008年からスタートしており、合計4000記事超えで毎日更新中。ココ2年ほどは、ようやくまともな着物屋さんのブログになってきました。
趣味である音楽やDJ・は、!stアルバム好みの音故知新スタイル。また得意な筆ペンで書く「らくがきハガキ」は2011年より毎日投函継続中で、手書きチラシも仕事として制作を請け負っています。また読書も好きで、ビジネス書や偉人伝の他、司馬遼太郎先生フリーク。音楽同様に温故知新の1st好き。一番好きな司馬遼太郎先生の作品は「梟の城」。全般的に「心へ静かに日を灯す」司馬遼太郎先生の文章が好きです。
他にも温泉・スポーツ観戦・ゴルフ・お笑い・山形のラーメン・ハイキューに造詣が深い昭和47年生れで、布施弥七京染店のスポークスマンとして県内外にて活躍。Facebook・Instagram・Twitter・Youtubeも随時発信中で、お客様の美姿と健康と思い出作りをお手伝いします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です