今回は久しぶりに、布施弥七京染店のスタッフを紹介します☆

今回は久しぶりに、布施弥七京染店のスタッフを紹介します☆

いつも布施弥七京染店のブログをご覧頂きありがとうございます。こちらはあなたの素敵なきもの記念日をお手伝いする布施弥七京染店の専務 布施 将英(@meibutsu_senmu)のブログです。いつもは僕ばっかりなんで、今回はうちの振袖スタッフを紹介してみようと思います

私は12代目 布施 将光です


布施弥七京染店の十二代目。見た目は細いが芯は太く、お客様と話し始めたら止まらない話好き!日本の野球・メジャーリーグ・サッカーを始めとしたスポーツ観戦や、山形のラーメン・音楽の話をしたらもっと止まりません(笑)!妻の若女将・弟の専務をはじめ店のスタッフで、創業400年を目指し、皆さんの思い出つくりへ向かい精進しています。

私は若女将 布施由紀子です


遠くは宮崎県より十二代目の伴侶で山形にやってきた当店のアイドル!?的存在。笑顔がキュート。お客様へのアドバイスが的確です。親切な対応ナンバー1!

私はチーフ 鈴木幸江です


布施弥七京染店の中でも1番のお客様数を誇る大番頭。以前学校で、生徒にお仕立てを教えていた先生だけあり、着物の知識も豊富!寒河江から通勤中の任せて超安心なチーフです。

私は海藤いづみです


専務と同窓生の「遅れてきたルーキー!」非常に明るい性格と、人当たり良いコミュニケーションセンスで、入社3ヶ月ながらも既に中堅の存在感。素敵な思い出作りのお手伝いを全力でサポートします。

私は名物専務 布施 将英です


布施弥七京染店の振袖隊長。そして、店のスポークスマンとして、テレビ・新聞・ラジオを始めとする露出も多い社長3歳下の弟。社長と同じくスポーツ観戦好きで、中学から大学までは体操競技に打ち込んだ体育会系。また震災以降熱心に発信を続けている専務のSNSや毎日更新の着物ブログは、全国的にも有名。まさしく布施弥七京染店の名物専務!

こんなスタッフで、振袖の思い出つくりをお手伝いしております。
老舗というか、創業年数が非常に長く、おかげさまで長い時間商いを続けさせていただいておりますが、我々スタッフは、非常に気さくな人間達だと思ってます(笑)ので、皆さんお気軽に遊びに来てくださいね。

====================
こちらは 山形で一番思い出に残る
きもの記念日をお届けするきもの専門店の
名物専務がお送りする、きものあれこれブログです
====================

布施弥七京染店インスタグラムはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山形きもの記念日
ホームページはコチラから
きものクリニック
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
専務 布施 将英の
個人のフェイスブックページはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

投稿者について

名物専務
山形で江戸時代から続く着物専門店の名物専務こと布施 将英。
http://mag.kimonokinenbi.com/2018/06/11/611/
主に着物初心者や、着物を着てみたいけど一歩踏みでない方を後押しできるようなブログを書いています。ブログは2008年からスタートしており、合計4000記事超えで毎日更新中。ココ2年ほどは、ようやくまともな着物屋さんのブログになってきました。
趣味である音楽やDJ・は、!stアルバム好みの音故知新スタイル。また得意な筆ペンで書く「らくがきハガキ」は2011年より毎日投函継続中で、手書きチラシも仕事として制作を請け負っています。また読書も好きで、ビジネス書や偉人伝の他、司馬遼太郎先生フリーク。音楽同様に温故知新の1st好き。一番好きな司馬遼太郎先生の作品は「梟の城」。全般的に「心へ静かに日を灯す」司馬遼太郎先生の文章が好きです。
他にも温泉・スポーツ観戦・ゴルフ・お笑い・山形のラーメン・ハイキューに造詣が深い昭和47年生れで、布施弥七京染店のスポークスマンとして県内外にて活躍。Facebook・Instagram・Twitter・Youtubeも随時発信中で、お客様の美姿と健康と思い出作りをお手伝いします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です