2019-2月玄フェッショナルは、カスカワスポーツの粕川社長が登場

「弥七のかわら版」人気のNHKインスパイア企画です

おかげさまでうちのかわら版は、100号を越えたニュースレターになっていますが、その人気企画の一つが、うちの会長が紹介する「山形旧町名紹介」。これは地元の歴史を細かく紹介する読み物で、おかげさまで広い世代の方に喜んでいただいています。そしてもう一つの人気企画がこちら!NHKの「プロフェッショナル」をインスパイアした、山形のトップランナーにインタビューするという「玄フェッショナル」。今回は山形でも有名なスポーツショップの有名人です。

こちらはあなたの素敵なきもの記念日をお手伝いする
布施弥七京染店の専務 布施 将英(@meibutsu_senmu)のブログです。

カスカワスポーツ 粕川治子社長

会長と社長のTwo Shot

ウインタースポーツ真っ盛りの2月☆今回は山形で最も有名なスポーツショップの社長を訪ねます。

布施:粕川社長、この度はよろしくお願いします。

カスカワスポーツ 粕川治子社長(以下粕川):どうぞよろしくお願いします。布施:では自己紹介と会社の紹介をどうぞ。粕川:カスカワスポーツの粕川治子と申します。千葉県銚子市の生まれですが、子供のころから体を動かすのが好きで、中学ではバスケットボールをやっていました。山形に嫁ぐきっかけも、姉と一緒に蔵王にスキーに来ていたことです。弊社は、スポーツ用品販売業として、山形と天童と寒河江と仙台に実店舗と楽天とヤフーにネットショップを運営しておりまして、今年で創業70年になります。

うちの店では、専門性高くサービスを提供できるように心がけています。

ウチで力を入れているランニング部門。まるごとマラソンでは、谷川真理選手とも一緒にパチリ

布施:山形はスポーツが盛んな県だと感じるのですが?

粕川:野球や陸上などの競技スポーツは他府県と同等に盛んだと思います。それと山形は四季がはっきりしているので、スキーや山歩きを楽しむ人も多いですね。

布施:いろいろなスポーツの中で、特に力を入れている種目はありますか?

粕川:競合他社と差別化を図るために、野球と陸上と水泳に絞って専門性強化を図っています。また、世の中が豊かになり物余りの時代。種目を絞って特化し専門性を磨いていくことで、お客様に高付加価値の「カスカワスポーツならではのサービス」をお届けしています。布施さんでも専門性を磨き続けていらっしゃることで繁盛しているのではないでしょうか。

布施:業界でも先駆けて「ネット販売(Eコマース)」に取り組まれたと聞いてますが?

粕川:スポーツ業界では比較的早く、10年以上前にネット通販を始めました。弊社は店舗販売と外商とネット通販の三業態で営業していますが、現在はネット通販の売上げが全社売上げの60%を超えていて、ネット通販が会社の柱になっております。

ネット販売(EC)も路面店の信用があってこそです

野球の品揃えも専門性高く、東北でナンバーワンです。

布施:時の流れで、物を買うというライフスタイルも変わってきているのですね。

粕川:日本でもネット通販が拡大しているのは皆さんがご承知の通りですが、世界の流通業を先導するアメリカではアマゾンが業績の拡大を続けていて、その陰で老舗のシアーズが倒産の危機に見舞われています。スポーツ販売で全米ナンバーワンのスポーツオーソリティや、おもちゃ販売で全米ナンバーワンのトイザーラスも廃業にお追い込まれていく時代。弊社では、時代の変化に対応できるように、三業態の営業を堅持していくつもりですが、現況ではネット通販をいかに伸ばせるかが盛衰の鍵と考えています。

スイム用具にも、力を入れています

オリンピック選手を迎えてのスイム教室。大人気の企画です

布施:未来に向けて、カスカワスポーツさんのビジョンをお聞かせ下さい。

粕川:弊社の社是が、「人のために、会社のために、自分のために」です。お客様と私共がウィンウィンの関係でなければ会社の存在意義がないと考えております。お客様に喜んでいただける商品を提供して、我々自身も豊かな生活を送れることが理想です。この理想にはまだまだ道半ばですが、カスカワスポーツ社員一丸となって明るく元気に進んでいきます。

布施:最後に、皆さんにアピールしたいことはありませんか。

粕川:今春、天童店内に、「健康志向」に対応するウォーキングシューズと中敷き工房を設置予定です。ウォーキングシューズの快適さと、中敷きの効用を確かめにご来店いただければ幸いです。

布施:ありがとうございました。

㈱カスカワスポーツ

所在地・山形市南原町2丁目11−1電 話・023-642-0020 営業時間・10:30から20:00「人のために、会社のために、自分のために」という社是を掲げ、スポーツ用品の販売を通してお客様に喜んでいただくことを大命題とし、それを介して会社の内容を充実させて、それを介して私たち自身も充実した社会生活をしていくことを目指す会社です。
http://www.kasukawa.jp/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

布施弥七京染店
〒990-2495 山形市若葉町4-6 023-622-6317

布施弥七京染店フェイスブックページはコチラ
布施弥七京染店ツイッターはコチラから

布施弥七京染店インスタグラムはコチラ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山形きもの記念日
ホームページはコチラから着ものがたり
ホームページはこちらからきものクリニック

ホームページはコチラから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
専務 布施 将英の
個人のフェイスブックページはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

投稿者について

名物専務
山形で江戸時代から続く着物専門店の名物専務こと布施 将英。
http://mag.kimonokinenbi.com/2018/06/11/611/
主に着物初心者や、着物を着てみたいけど一歩踏みでない方を後押しできるようなブログを書いています。ブログは2008年からスタートしており、合計4000記事超えで毎日更新中。ココ2年ほどは、ようやくまともな着物屋さんのブログになってきました。
趣味である音楽やDJ・は、!stアルバム好みの音故知新スタイル。また得意な筆ペンで書く「らくがきハガキ」は2011年より毎日投函継続中で、手書きチラシも仕事として制作を請け負っています。また読書も好きで、ビジネス書や偉人伝の他、司馬遼太郎先生フリーク。音楽同様に温故知新の1st好き。一番好きな司馬遼太郎先生の作品は「梟の城」。全般的に「心へ静かに日を灯す」司馬遼太郎先生の文章が好きです。
他にも温泉・スポーツ観戦・ゴルフ・お笑い・山形のラーメン・ハイキューに造詣が深い昭和47年生れで、布施弥七京染店のスポークスマンとして県内外にて活躍。Facebook・Instagram・Twitter・Youtubeも随時発信中で、お客様の美姿と健康と思い出作りをお手伝いします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です