着物ユーザーはきっと二度見する江戸小紋!!

着物シーズン真っ盛りだと、こんな鮫小紋がいい感じですよね〜

フォーマルシーンで着物をお召しになる方が多くなる秋。
そして、日常を楽しむ着物ユーザーも増えてくるのが、行楽シーズンの秋です
こんな素敵な江戸小紋は、いい感じですよね〜〜。

こちらはあなたの素敵なきもの記念日をお手伝いする
布施弥七京染店 専務 布施 将英(@meibutsu_senmu)のブログです。

江戸小紋は、汎用性が高い

この時期カジュアルにお召しいただくには、

化繊の着物

木綿の織物・木綿の染物

紬系の着物

染めの小紋

などがあるかと思いますが、
ユーティリティーで汎用性高いのは、この江戸小紋ですね〜
洒落用でももちろんいいし、ちょっとフォーマル無地っぽくもきる事ができるし。
我々、仕事で着用するには、最適な着物です。

という事で、冒頭の江戸小紋を、よ〜〜く見てみると、、、

文字が書いてある!?っむむ!?江戸小紋じゃない??

なんか、よ〜〜くみると、江戸小紋っぽい柄だけど
どうやら、何か地紋のようなものが見えるじゃん?
え?ひょっとして、江戸小紋じゃないの??

なんか、うっすら字が書いてあるじゃ〜〜んww
よ〜〜くみてみると、数字だね〜〜

そう、その数字の見え方で、自分の目の具合がわかるらしいですw

僕は乱視と近視でしたww

この数字を見て、どんな風に読めるかで、
その方の症状がわかるようで

3246 乱視と近視
3240 乱視
1246 近視眼
1240 健康な目

あなたはどの数字に見えますか?
特に夕方は、お目めが疲れてくる時ですから
こんなテストはしたくないよね〜〜汗

私は「3246」でした。
46歳という年齢もありますが、スマホも3246の症状を悪化させているよなぁとつくづく痛感しています。皆さんも、ぜひ読書の秋を楽しめるように、お目目をいたわって下さいね。

こちらをお届けするのは、布施弥七京染店の専務です

布施弥七京染店
〒990-2495 山形市若葉町4-6 023-622-6317

布施弥七京染店フェイスブックページはコチラ
布施弥七京染店ツイッターはコチラから

布施弥七京染店インスタグラムはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山形きもの記念日
ホームページはコチラから
着ものがたり
ホームページはこちらから

きものクリニック
ホームページはコチラから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
専務 布施 将英の
個人のフェイスブックページはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

投稿者について

名物専務
山形で江戸時代から続く着物専門店の名物専務こと布施 将英。
http://mag.kimonokinenbi.com/2018/06/11/611/
主に着物初心者や、着物を着てみたいけど一歩踏みでない方を後押しできるようなブログを書いています。ブログは2008年からスタートしており、合計4000記事超えで毎日更新中。ココ2年ほどは、ようやくまともな着物屋さんのブログになってきました。
趣味である音楽やDJ・は、!stアルバム好みの音故知新スタイル。また得意な筆ペンで書く「らくがきハガキ」は2011年より毎日投函継続中で、手書きチラシも仕事として制作を請け負っています。また読書も好きで、ビジネス書や偉人伝の他、司馬遼太郎先生フリーク。音楽同様に温故知新の1st好き。一番好きな司馬遼太郎先生の作品は「梟の城」。全般的に「心へ静かに日を灯す」司馬遼太郎先生の文章が好きです。
他にも温泉・スポーツ観戦・ゴルフ・お笑い・山形のラーメン・ハイキューに造詣が深い昭和47年生れで、布施弥七京染店のスポークスマンとして県内外にて活躍。Facebook・Instagram・Twitter・Youtubeも随時発信中で、お客様の美姿と健康と思い出作りをお手伝いします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です