SNSについて思う。twitterとかFacebookとか何を書いてもいいけども、覚悟が大事☆

10年前なら、この辺りが山形市さくら開花時期でしたよね。
ですが最近は早期化で、今年はずいぶんと早く咲きました。
ホント、驚きますよね〜〜

さて、突然ですが、先日えらい失礼なコメントされました。
人間関係もない方から「あなたの発言はけしからん!着物屋として、何事だ!」的な感じで、これはこれは一方的な罵倒というが、虫の居所が悪かったというか。本当にひどいモンです。僕は大人ですから、そんな相手のコメントを晒したりはしませんが、本当に空気読めないっつうか、とんでもないタイミングでえらい言われようでした。そんなんで改めて思いました。

ツイッターとかFacebookとか
何を書いてもいいけども、覚悟が大事

着物を通して素敵な思い出作りをお手伝いをモットーに
音楽・温泉・読書・SNS・スポーツ、そして人とのご縁が大好きな
布施弥七京染店・やしち屋の専務 布施 将英(@fuseyashichi)です。

店の中で
店の対外的な場面で
お客様の前で
色んな事を発信するのが仕事です。
ネットの中でも、リアルでも
何言っても良いけど
発言の責任はどちらも同じ。

ネットでもリアルでも、発言の自由と責任がある。

10数年前、DJしてた写真。懐かしいわ〜〜
10数年前、DJしてた写真。懐かしいわ〜〜

うちの店では、他の着物屋さんよりもSNSというツールを使っていると思います。使っているという表現が、ちょうどいい。活用しているとは言い難いけど、よその着物屋さんの中では、随分と使っている方だと思います。個人的な優先順位だとこんな感じになります。

まずはそして店のブログ(ココの事)


2 専務(弥七)ツイッター
3 専務(弥七)インスタグラム

という優先順位。でも、本当はインスタやTwitterで盛り上がるようにならないといけないなぁ〜って思ってます。特にTwitterね。実際に人間関係ある人とのやりとりがFacebookメインになってくるので、Twitterの場合はまだあった事ない人や、同じ興味関心の人、という感じでやりとり。インスタにおいては、ある意味ダダモレーノ。どのSNSにおいても、発信数と同じくらい、いや倍くらいの数、相手とコメントしあわないとねと感じます。

Twitterにおいては、特に興味関心の部分でこちらも人の発言を見れるので、自分のいいように使っているって感じです。まぁ、こんなんじゃTwitterでの影響力とか発言力なんて望めるべくもない。ある意味わかっててやってるから、しゃーないね。そんな中で見た有名人のTweet

藤村正宏@exmascott

RTされやすい「つぶやき」の特徴

役立つ情報
ホットな情報
新鮮な情報
感情を揺さぶられるつぶやき
共感を得られるつぶやき

ほうほう、Twitterの活用方法ってこうなのね〜〜
「よっしゃ!専務の格言でもやるか〜〜〜!」

安易だと、お〜〜〜って思っちゃったりするわけです。

そもそもここが間違いの元だったりする。
まぁ安直という感じでしょうね〜。悪いわけじゃないけど、正解じゃない。
書いた言葉、投稿した言葉が、実際に自分の体験から出てきた言葉だったら最高だし、似たような言葉だって書ける。でも、背負っているものが違う。だから言葉に浸透力がない。自分のSNSによる実績も薄い。実績が薄い人間の格言なんて、推して知るべしだもんね〜。

自分の経験から学んだことや感じたことを書くのが、良いんだと思う。

真似も正解。だって、真似から入るもん。普通。

ホントそう思う。

知らないなら書くな!とか、ありえねーべって話。

そんなこといったら、いつまでも何も書けないよね。書く事って大事。

だってさ、自分が思って、感じて、書いてるんだもん。

気にしないでじゃんじゃん書いちゃえ!!

自分が体験した事だったり、自分の教訓だったりというのが、いいと思うなぁ〜

別に体験していない事でもいいけど

覚悟持って書いてりゃ、いちいち地震のの興味関心に、うだうだ言われる必要ないじゃんね、って話です。

人から何か言われて書くことをやめたり、躊躇するようなことなら書かない方がいい。きっと、借り物みたいな言葉なんだろうから。でも、覚悟持って書いてたら、何も気にしないでいいじゃん。バンバンやってくださいな。

結局は、何を言うかじゃなくって
誰が言うかって話だね。

影響力がある人の言葉って、その影には行動の蓄積がある。
できる事なら、自分の行動を言葉にしてさ。
その言葉で、賛否両論を起こしたい物です。

====================
こちらは 山形で一番思い出に残る
きもの記念日をお届けするきもの専門店の
名物専務がお送りする、きものあれこれブログです
====================

布施弥七京染店インスタグラムはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山形きもの記念日
ホームページはコチラから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
専務 布施 将英の
個人のフェイスブックページはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

投稿者について

名物専務
山形で江戸時代から続く着物専門店の名物専務こと布施 将英。
着物・商売・音楽やDJ・温泉・読書・スポーツ観戦・ゴルフ・お笑い・山形のラーメン・ハイキューに造詣が深い昭和47年生れで、布施弥七京染店のスポークスマンとして県内外にて活躍。ブログは4000記事超えで毎日更新中。
Facebook・Instagram・Twitterも随時発信中。
お客様の美姿と健康と思い出作りをお手伝いします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です