きものTPOを、ざっくりと紹介します

 冠婚葬祭にて着物を着たい方からの問い合わせです

友人の結婚式があるようで、どんな着物を着ていったら良いか問い合わせをもらいました。至極一般的な解説はもちろんですけど、僕のTPO基準は結構ゆるいです。ゆるくって、その道の人からお叱り頂くこともありますけどね汗ということで、どんな着物をどんな席に来ていったら良いのか、おしらせします。

こちらはあなたの素敵なきもの記念日をお手伝いする
布施弥七京染店の専務 布施 将英(@meibutsu_senmu)のブログです。

今回は、着物初心者が迷う「着物の種類とTPO」について

カジュアルシーンで着物を着る場合は、ドレスコードという難しい 境界線 はありませんが、フォーマルシーンで着物を着る場合は、場にふさわしいTPOが存在します。茶道の世界や華道の世界でも頻繁に着物を着用しますが、かつては非常に厳格な着物の TPO と夏物単衣物冬物の種類がありました。しかし時代は21世紀に入る、元号も平成から新しく変わろうとしている昨今、今までの基準に比べるとだいぶゆるくなってきた気がします。

相変わらず厳格なルールの場所もありますが、それはそれで厳格なルールを尊重してもらって結構です。私が今から書くものについては、私自身が感じている現時点の業界標準 TPO という感じです。

まずは冒頭の表。おそらくここに集約されます。結婚式に着る着物は何か。お呼ばれに着る着物は何か。入学式や卒業式に着る着物は何か。お宮参りは何か。そんなことをこの一枚の表にまとめてみました。

冒頭の問い合わせの方は、友達の結婚式。
ですから、この表で言う所の、青い文字のTPOになるかと思います。
留袖まで着て行かないでよくって、小紋じゃちょっと、というドレスコードかと思います。

文字だけでは難解なので、イラストと合わせて紹介します。


赤文字の部分

いわゆる第一礼装って感じですね。洋服で言えば燕尾服って感じです。

青文字の部分

青文字の硬め

青文字の緩め、そんな感じです。

わからないことがあれば、お気軽になんなりと聞いて下さい。


とある Facebook グループでは、私が「卒業式に色無地はベストですけど、なければ付け下げでも訪問着でも構いません」とアドバイスしたのがよろしくないと、それはそれはひどい叩かれようでした。着物屋さんの価値観と、着物に厳格な意識を持つ着物ユーザーでは、随分と価値観が違うのだと、思い知りました。実際に卒業式に行ってみると、無事の人は1/3ぐらい、他は皆さん柄ものでした。

そして何と言っても、着物着用率は10%未満位が多数。とても悲しいくらいの着用率ですよね。そんな中で、洋服のドレスコードは何も言われないのに、着物の人ばっかりあーだこうだ言われてたら、分が悪いのなんのってありゃしません。

普段は着物じゃなく洋服で生活している人が、限りなく100%に近いこの世の中で、「着物を着てみようかぁ〜!?」と思った人に、あまりにも厳格なルールを強いることは、僕は良いことじゃないと思っています。もちろん、あまりにもとんでもないTPOの着物をフォーマルシーンに着ようと思った方がいたら、ご意見申し上げますけど、「卒業式に付け下げや訪問着で行っていけない!色無地を着なきゃいけないんだ!」なんて、よう言いませんわww

たとえ言うとしても「昔ながらのしきたりで言えば、卒業式では色無地に紋の入ったお羽織というのが昭和の標準だったのですが、最近では訪問着や付け下げの方も多くおいでですよ」という感じかなぁ。

この意見に、激しく何か言ってくるのは、着物屋さんでなくて「着物は厳格なラインであるべき論を遵守するべき」というベテラン勢。ノットビギナーである、ベテランさん。大ベテランじゃないところがミソです。

意外に、大ベテランさんというのは、結構寛容な場合が多かったりします。目くじら立て無いっていう感じで。そういう意味では、わたしもまだまだベテランの粋には程遠い(笑・汗)

わたしの意見がおかしいのかなぁと、色んな着物屋さんに電話して聞いてみました。その数、全国20件!有名着物屋さん、百貨店、大手チェーン店と、きちんと電話して聞いた結果ですから、これが今の現代の業界標準です。安心して、着物を着て欲しいなぁって、改めて思いました。

着物を着る時に何か困ったことがあれば、いつでも気軽に相談してくださいね。こちらから、ごそうだんごそうだんなご相談内容をどうぞ

こちらをお届けするのは、布施弥七京染店の専務です

====================

今年の夏は、ゆかたで楽しもう

お手軽な仕立上がりゆかたも、反物からのお誂えも、どちらもお任せ☆今年の夏は、素敵なゆかたで楽しもう
お手軽な仕立上がりゆかたも、反物からのお誂えも、どちらもお任せ☆今年の夏は、素敵なゆかたで楽しもう

浴衣レンタル・着ものがたり 

山形で浴衣レンタルをできるのは、弥七だけ☆お手軽お気軽にどうぞ
山形で浴衣レンタルをできるのは、弥七だけ☆お手軽お気軽にどうぞ

布施弥七京染店
〒990-2495 山形市若葉町4-6 023-622-6317

布施弥七京染店インスタグラムはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山形きもの記念日
ホームページはコチラから
きものクリニック
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
専務 布施 将英の
個人のフェイスブックページはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

投稿者について

名物専務
山形で江戸時代から続く着物専門店の名物専務こと布施 将英。
http://mag.kimonokinenbi.com/2018/06/11/611/
主に着物初心者や、着物を着てみたいけど一歩踏みでない方を後押しできるようなブログを書いています。ブログは2008年からスタートしており、合計4000記事超えで毎日更新中。ココ2年ほどは、ようやくまともな着物屋さんのブログになってきました。
趣味である音楽やDJ・は、!stアルバム好みの音故知新スタイル。また得意な筆ペンで書く「らくがきハガキ」は2011年より毎日投函継続中で、手書きチラシも仕事として制作を請け負っています。また読書も好きで、ビジネス書や偉人伝の他、司馬遼太郎先生フリーク。音楽同様に温故知新の1st好き。一番好きな司馬遼太郎先生の作品は「梟の城」。全般的に「心へ静かに日を灯す」司馬遼太郎先生の文章が好きです。
他にも温泉・スポーツ観戦・ゴルフ・お笑い・山形のラーメン・ハイキューに造詣が深い昭和47年生れで、布施弥七京染店のスポークスマンとして県内外にて活躍。Facebook・Instagram・Twitter・Youtubeも随時発信中で、お客様の美姿と健康と思い出作りをお手伝いします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です